平賀への直接相談

ネットマーケティングのヒント

ネットマーケティング

ネットマーケティングを理解する

ネットマーケティング 話しことばで説明できる

ネットマーケティングと聞くと、それだけで頭が痛くなる人もいるかもしれませんね。

これは、企業の役員会資料として作成される「○○実績表」にもありますが、難解な数値や公式を使ってグラフ化されることが多いのです。

しかし、それらの資料を読む役員はもとより、作成に関わった部署のうち、はたして、どれだけの人がその意味を把握しているのでしょうか。

手元の資料を棒読みするだけなら誰でもできますし、わざわざ役員会の資料に活用する必要もないのです。

また、そのために開く会合なら、月末や年度末の忙しい時間を割いて開催する価値があるといえないのです。

これは、ネットマーケティングにもいえることですが、難解な資料を話しことばで説明できることが大切ですね。

ネットマーケティング 身近な事例で考える

ネットマーケティングといえば、なんか特別なことだというイメージがありますね。

しかし、消費者アドバイザーなどがメディアに出演することにより、お店の販売方法などは、多くの人が知っている状態、つまり、「ネタバレ状態」といっても過言ではないのです。

でも、そのからくりがわかっていても、ついつい買ってしまうのは、そのお店の目玉商品には「そのとき」にしかないお買い得感があるからです。

しかも、次回、日を置かずに行ったときは、お目当ての品がなく、代わりの目玉商品を買ってしまうという、スーパーでそういう経験をした人は少なくないと思います。

これも、消費者心理を利用したネットマーケティングであり、身近にある典型的な事例だといえるでしょう。

自分のなかで少しずつ「つながり」ができていく

人気スポーツ選手などを起用した、外国語の学習教材が話題になっていますが、それらに共通する点が「聞き流すだけ」ということも興味深いことです。

教材関係のCMに出演しているひとりの女性は、「ある日、突然、はっきりわかるようになった」という主旨のことばを述べています。

これは、新しい分野に挑戦する場合にみられる特徴のひとつですが、ネットマーケティングの専門用語を理解して活用するときにも通じるといえます。

最初は、ネットマーケティングの専門用語がまったくわからなくても、点→線→面 というふうに、自分のなかで少しずつ「つながり」ができていくのです。

また、次の段階へ進むステップは一定ではなく、波があることも覚えておくと落ち込む必要がないといえますね。

最後は必ずできるという確信をもつことが大切

オンラインショップなどを運営するためには、ネットマーケティングに関する最低限のことばと意味を理解しておくことが大切です。

これまでも、ネットマーケティングの専門用語を覚えるためには、繰り返してことばに触れること、わからないことはすぐに調べることなどをお話ししてきました。

今回は、その補足になります。

人間の成長には個人差があるように、ものごとを理解して活用できるまでの期間も、人それぞれです。

また、一定のプロセスのなかでも、進み具合は人によっていろいろです。

「ウサギとカメ」の物語は時代を超えて愛されていますが、仕事でも、勉強でも、個人差があることを理解しておきたいですね。

そして、最後は必ずできるという確信をもつことが大切だといえます。

自分なりの表現ができてこそ、初めて「生きたことば」になる

オンラインショップには欠かせないネットマーケティングですが、それに関する専門用語を理解するためには、実際に文章としてまとめてみることです。

ネットマーケティングに関するサイトはいろいろありますが、それを閲覧するだけでは、詳細についての理解はできないと思います。

どんなことでも共通していえますが、自分なりの表現ができてこそ、初めて「生きたことば」として自分のものにできるのです。

これらの専門用語を覚えて、内容まで理解する必要があるのは、ビジネス相手との連絡にメールを利用することが多いからです。

目の前に相手がいるときは、参考資料を共有しながら話を進めることができますが、そうでない場合は、相手との意思疎通が難しくなり、トラブルの元にもなるからです。

ネットマーケティングの重要性

ネットマーケティングが現在、そして未来において重要なのには理由があります。それは、なにより、インターネットの普及率は今後も衰えないだろう、ということです。
ネットユーザーは、今後も増えこそすれ、減ることは、おそらくありません。これを読んでいるあなたも、インターネットのない生活は考えられないのではないでしょうか。
ネットをつかったマーケティング、それが文字通りネットマーケティングなのですが、そのサンプル数は今後も減らない、ということがポイントです。
ネットマーケティングに限らず、ニーズの分母が大きいところに事業をアピールできれば理想です。
いわゆる通常のマーケティング手法にくらべて簡単に、しかも分母の大きいデータを手に入れられるのがネットマーケティングのいいところです。

ネットマーケティング ~消費者目線~

「ネットマーケティング」の活用目的は、自分のオンラインショップの収益をあげることにあります。

難解な専門用語を使うこともありますが、大切なことは自分のことばに置き換えて理解することです。

また、ネットマーケティングの数値は、消費者の関心や購買意欲などの結果ですから、常に市場を意識するようにしたいですね。

スーパーなどの目玉商品やそれと関連する商品は、消費者が手に取りやすいように工夫がなされています。

そういう「からくり」は、その道のプロがみたらわかることですが、消費者目線に立ち返ると、思わず手に取りたくなるから不思議なものですね。

オンラインショップで成功するためにも、常に消費者目線に立って考えることは大切なことだといえますね。

ネットマーケティング 〜広告方法〜

オンラインショップやドロップシッピングなど、自分のサイトで収益を得るためには、まず、ひとりでも多くの人にサイトを訪れてもらうことが大切ですね。

友人・知人に「口コミ」を頼む方法がありますが、より多くの人の訪問を願うのなら、インターネット上の広告が効果的だといえます。

インターネット上に広告をだす場合、掲載されるサイトやその掲載位置が大変重要になってきます。

たとえばYahooやGoogleなどの「検索結果画面」は、最初の数ページだけ、極端な場合は最初のページの数サイトだけしか意識しない人もいます。

ネットマーケティングを学び実践して、商品販売に結びつく広告方法やその結果を分析することで、自分のサイトの効率的な運営に反映することができます。

ネットマーケティング 〜消費者心理〜

自分でお店を経営する場合、お店の存在を多くの人にアピールするために新聞広告をだしたり、ダイレクトメールを送ったりしますね。

また、見込み客に電話を掛ける方法もあります。

そういった営業を行ったなかから、来店に結びついた数、そして、商品購入、さらにリピーターに結びついた数などを客観的に把握することが大切です。

「ネットマーケティング」は、オンラインショップの運営を円滑にするためにも欠かせない大切なものです。

もちろん、専門的な数値や、それを求めるための計算式などを目にすると、頭が痛くなりますが、自分の身近な例をあげて考えてみると、より具体性を帯びてきます。

また、これらの数値には「消費者心理」も大きく関わっていることを理解しましょう。

ネットマーケティング 〜身近な存在〜

「ネットマーケティング」という専門用語を使うと、なんか難しそうだとか、自分にはできないのではないかと、引いてしまう人もいるかもしれません。

もちろん、このことばのもつ意味はかなり広いため、それら全体を理解するには相当な専門知識も必要になります。

しかし、自分の身近な存在だととらえると、ネットマーケティングはけっして難しい特別な存在ではなくなると思います。

インターネットを使って仕事として人気がある職種として、オンラインショップやドロップシッピング、アフィリエイトなどがあります。

それらを活用して自分のサイト運営を円滑、効率的に行うためには、やっぱり効果的な広告や経営分析なども必要になってくることを再確認しておきたいですね。

ネットマーケティング 〜販売促進〜

「ネットマーケティング」に関して「マーケティング」ということばがあります。

このことばは、インターネットが普及する以前から使われてきたことばですので、企業の部長・課長クラスを経験した人は、特に身近に感じていると思います。

なかでも「販売促進」は社運をかけた大変貴重なもので、毎月の売り上げをいかにあげるかに頭を悩ませた人もおられるかもしれませんね。

オンラインショップを運営している人、あるいは、これから運営しようと考えている人のなかには、商品販売などの営業分野は未経験の人もおられるかもしれません。

しかし、どんな分野の仕事でも、直接的・間接的に顧客と結びついていると考えると、けっして難しいものではないので安心してください。

ネットマーケティングのアイディアはオフラインから

スーパーの商品陳列の工夫が販売数を増やす秘訣

スーパーの商品陳列をみると、関連商品をいっしょに並べることが多いことがわかります。

たとえば、鍋の季節なら、野菜コーナーの一角に調味料を置いたり、焼肉の横にタレを置くなど、関連して買いたくなる商品を置くことで消費者の購買意欲をそそります。

もちろん、いつもの調味料コーナーにも同じ商品を置いておくと、通常の2倍、スーパーを訪れる人の目に留まることになります。

また、「ついでに欲しくなるような商品」たとえば、ガムや飴などをレジの手前に配置しておくなど、ネットマーケティングにも通じるものがあります。

しかも、100円ほどの安価な商品を置くことが、販売数を増やす秘訣です。

このように、ネットマーケティングのアイディアは、身近にあることに気付きます。

消費者が何度も足を運ぶきっかけをつくること

スーパーの日替わりセールのチラシをみていると、消費者がほしくなる商品を小出ししていることがわかります。

そうすることによって、その日だけでなく、消費者が何度も足を運ぶきっかけをつくるのです。

また、ケーキを買ったときに、商品の値引きに使えるチケットの入ったチラシを手渡されることがありますが、それをみた消費者に次回の来店を促す効果が期待できます。

ネットマーケティングのコツは、とにかく何度も足を運んでもらって、少しずつでも商品を買ってもらうことにあります。

目玉商品を決めておくと、それだけでなく「ついで」に他の商品を買う人が多いので、そちらの効果も狙っているのです。

このように、ネットマーケティングのコツは、オフラインから学ぶことが多いですね。

オフラインの世界から学ぶ

ネットマーケティングのヒントは、実在のお店、つまりオフラインの世界から学ぶことが多いといえます。

目玉商品の選び方や、関連商品といっしょに陳列する方法など、消費者の購買意欲をかきたてる工夫は、いたるところにあります。

また、お店側の意図を知りつつも買ってしまうのは、その商品の価格や特典など、絶対にお得な要素が織り込まれているからです。

オンラインショップの利点は、自宅にいながら買い物ができ、しかも配達してもらえることにあります。

これに、送料無料や初回限定特典などを取りいれると、消費者の関心は一気に高まります。

オンラインショップは、競合店との比較が画面を切り替えるだけで簡単にできるだけに、ネットマーケティングの役割は大きいといえますね。

ネットマーケティング 消費者の傾向性を知る

ネットマーケティングのためには、ホームページの充実が不可欠ですが、消費者の傾向性を知って、よりシンプルなつくりにすることも大切です。

ネットマーケティングを展開するためには、あれも、これもと、ついつい欲張ってしまい、とにかく情報をたくさん盛り込んでしまいます。

これは、携帯電話の機能にもいえることですが、いろいろな機能をつけたほうが売り上げにもつながるとの考えがあるからです。

しかし、搭載機能のほとんどを使いこなせる人は、限られています。

また、機械の不具合の原因になったりして、次回、買替の機会があるときは、よりシンプルな機種を希望する人も少なくありません。

このような消費者の傾向性を知って「過ぎたるは及ばざるがごとし」の心掛けも大切です。

ネットマーケティング リピーターをつくる

ネットマーケティングで大切なことは、運営するオンラインショップのリピーターをつくることです。

部品交換が必要になるなど、取扱商品によっては、いったん契約すれば継続した利用が望める固定客があります。

しかし、日常生活で扱う商品の多くは、どこででも購入可能な消耗品ですので、リピーターの確保が安定したオンラインショップ経営の大きな鍵をにぎります。

そのためには、ポイント制度、定期購入割引、プレゼントセール、送料無料といった「特典」があり、多くのオンラインショップでは取りいれています。

大切なことは、取り扱う目玉商品を決めることと、いろいろな特典のなかから、独自性をアピールできるものを選ぶことで、他店との差別化をはかることです。

人間相手に商売をするという基本はオフラインと同じ

オンラインショップを運営するためには、常日頃から、いろいろな情報収集をする習慣づけをしておきましょう。

たとえば、地域で開催される趣味の講座や専門知識を養うための講座には、無料で受講できるものも数多くあります。

なかには、少々畑違いのジャンルもあるかもしれませんが、自分の「知識の引き出し」を増やしておくことで、仕事に活かせる可能性もぐんと広がります。

ネットマーケティングといっても特別なことではなく、難解な数値が苦手な人は、自分の感性で理解するころから入りましょう。

また、ネットマーケティングのことばが示すように、インターネットの世界独特のものがありますが、人間相手に商売をするという基本はオフラインと同じだといえるでしょう。

ネットマーケティング 接客業という意識

ネットマーケティングのためには、人気になっているお店に足を運んで、商品の陳列方法や接客方法などを学ぶことも大切です。

実在店とオンラインショップとでは、仕事の展開方法が違うのは百も承知のうえですが、消費者心理を理解するための根本的な部分は共通する部分があるからです。

接客業で大切なことは、相手に対して、迅速に、正確に、そして、誠実な対応をすることです。

オンラインショップを運営している人のなかには、日中、連絡が取れない人もいるかと思いますが、その場合、連絡可能な時間帯をあらかじめ提示するなどの配慮が必要です。

ネットマーケティングといっても、その根底にあるのは接客業という意識ですから、それを仕事の基本として忘れないようにしておきたいですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2013 10.17

関連記事

  1. ネットマーケティング
  2. なぜ?便利機能を使わない人々
  3. 人をダメにするベッド?
  4. 再現性の高いビジネスモデルとは?
  5. 3年後に二人の人生は大きく変わった
  6. この3人が成功した理由とは?
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM