平賀への直接相談

ブログとホームページのアクセスアップを考える!

ブログのアクセスアップ

ブログのアクセスアップを考える!

ブログのアクセスアップをするための方法を考えてみましょう。
まず、ホームページもそうなのですが、ブログというのは鮮度が命です。更新されていないブログほど色褪せて見えるものはありません。ブログのアクセスアップ方法には、頻繁な更新が大前提なのです。
つぎに、ブログランキングに登録するという手もあります。ブログランキングに登録すると更新されるたびに更新情報が公開され、アクセスアップに大きな効果をもたらしてくれます。ブログのアクセスアップには、こうした意味でも頻繁な更新が重要です。
ブログランキングにて上位に表示されるようになると自然にアクセスアップに拍車がかかりますので、その状態を目指して頑張りましょう。

アクセスアップするホームページ、しないホームページ

アクセスアップするホームページと、アクセスアップできないホームページは、どのような違いがあるでしょうか?
まず、ホームページにアクセスアップ対策をしていることが大前提です。検索サイトで検索したときに、上位に上がってくるものしか見ないのがほとんどの人です。検索サイトの上位にのぼらない、それだけで見てももらえないのがホームページです。
さらに、ホームページのつくりとして、見やすく、情報量があり、しかもそれが分かりやすいホームページは、人気があり、アクセスアップもしやすいものです。ある程度は訪問者を滞在させてリピート訪問を誘わないと、アクセスアップにも利益にもつながりにくいので、ホームページのつくりには再三検討を重ねましょう。

アクセスアップのために 自分から積極的に動く

ネットビジネスを展開するためには、仕事で必要なIT関係の専門用語を覚えるだけでなく、正しく理解することが大切です。

つまり、それらの用語を丸暗記するのではなく、実践として役立つように、自分なりに解釈して使いこなす必要があります。

自分の運営するサイトのアクセスアップの方法は、その道のプロに依頼すると、的確なアドバイスをもらうことが可能です。

ただし、それに頼り切るのではなく、自分でできることはチャレンジしてみるという気持ちが大切です。

また、そのためには難解なIT用語にぶつかることも考えられますが、自分の運営するサイトへのアクセスアップの方法を確立するためには、必要な勉強だといえます。

どんな仕事をするのにも、自分から積極的に動くことによって、新たな可能性が開けます。

アクセスアップのために 自分の素顔から共感を得る

ネットビジネスで成果をあげるためには、自分の運営するサイトを広くアピールすることが大切です。

つまり、サイトへのアクセスアップの方法を考えることを抜きにしては、ネットビジネスの展開は難しいといっても過言ではないでしょう。

ネットビジネスを意識した広告用のブログを併用することは、多くの人が取り入れていますので、やはり、手っ取り早くできるサイトへのアクセスアップの方法だといえますね。

そのブログの内容については、自分の扱うお店の商品関連情報はもちろんですが、自分の素顔をさらけだすこともプラスに働くと思われます。

たとえば、機械オンチを宣言したうえで、そこから進化していくようすをリアルタイムでアップすると、同じ想いをしている人から共感を得られる可能性も高くなります。

再訪問したくなるサイトづくりが大切

オンラインショップの大きな魅力は、パソコンの前で買い物ができることです。

しかも、画面を切り替えるだけで複数のサイト訪問ができるため、その便利さから有効活用している人も少なくありません。

加えていうならば、送料無料サービスなどがあると、贈り物の地方発送の手数料が掛からないため、交際費の削減にもうれしいですね。

このように消費者からみてお得なサービスがいろいろあるお店は、何度も訪問したくなり、それがサイトのアクセスアップという結果になります。

もちろん、そのお店のリピーターになることや、それ以前に、初めて買い物をするときは、多少なりともハードルの高さを感じますね。

それを緩和するためにも、照会メールには迅速で誠実な対応をすることが大切で、それによってサイトのサクセスアップにつながるのです。

消費者の目に留まる魅力的なサイトづくりが大切

多くの通販サイトで取り入れている送料サービスには、いろいろな種類があります。

たとえば、「送料無料」には、ある一定の金額以上の商品を購入した場合や、初回限定などの特典をアピールすることが多いですね。

また、購入金額に関係なく、1回の注文に掛かる送料は一定というサービスを取り入れている通販サイトもあります。

これらのサービスのどちらがお得かというと、買い物をするときの事情にもよりますので一概にはいえません。

しかし、自分のお店で取り入れている送料サービスを前面に出してアピールすることも、サイトへのアクセスアップには大切なことです。

星の数ほどいる同業者のなかで、消費者の目に留まる魅力的なお店であること、それがサイトへのアクセスアップへの第一歩だといえますね。

アクセスアップのために 自分のプラス面を活かす

オンラインショップなどネットビジネスを展開する人のなかには、お世辞抜きで人づきあいが苦手な人もいます。

また、対面販売などの接客業が苦手だから、あえてネットビジネスを選んだ人も少なくないと思います。

ネットビジネスにはいろいろな業種がありますが、商品販売を目的とするためには、サイトのアクセスアップの方法を考えることは避けて通れません。

サイトのアクセスアップの方法としては、ネット広告が知られていますが、広告費を掛けたくない人は、友人や知人のツテを頼ることをお勧めします。

そのためには、日頃からの付き合いによって、信頼関係を築くことが大切です。

人づきあいが苦手というマイナス面をカバーできる部分は必ずありますので、自分のプラス面を活かすようにしましょう。

アクセスアップのために 常日頃からの交友関係を大切に

オンラインショップなどネットビジネスで成果をあげるためには、やっぱり、常日頃からの交友関係を大切にすることです。

オンラインショップを成功させる秘訣は、サイトへのアクセスアップ方法が大きく左右しますが、自分のまわりの人を味方につけることが追い風にもなります。

たとえば、短気な人は決断力が早い人であり、優柔不断な人は思慮深い人というふうに、人の性格は相対するものがあります。

また、自分の性格と相性が合う人といい関係を築くことも大切で、そこから、オンラインショップに必要なサイトのアクセスアップ方法へのヒントを得ることもあります。

お互いの顔が見えないことでメリットがあるネットビジネスですが、自分のまわりの人間関係を見直すことも大切ですね。

アクセスアップのために 地道な積み重ね

オンラインショップなどネットビジネスを展開するためには、サイトへのアクセスアップの方法が大きな鍵になります。

特に、ネットビジネス限定でお店を開いている人は、実在の店舗がないわけですから、お店そのものに気づいてもらえないことも少なくありません。

ネットビジネスの大きな魅力は、パソコンの前で仕事ができること、相手の顔をみなくても済むことであり、接客が苦手な人にはお勧めです。

しかし、お店の存在そのものに気づいてもらえないと、ネットビジネスでの成果を期待することはできません。

それを防ぐためにも、まずは、身近な友人のブログで紹介してもらうなど、自分でできることを少しずつしていくことが大切です。

このような地道な積み重ねが、サイトへのアクセスアップの方法になるのです。

サイト訪問の目的を知ること

消費者が自分のサイトを訪れる目的は、商品購入のためだけではありません。

ネットビジネスを展開するためには、ネット社会ならではの特徴について知っておくことも大切です。

インターネットが劇的に普及した大きな理由は、パソコンの前に座ったままで情報収集できることです。

つまり、分厚い辞書を開く必要もなく、図書館まで出掛ける必要もなく、いつでも、自分の都合のいいときに調べものができることなのです。

これは、自分のサイトのアクセスアップの方法とは直接関係ないと思われがちです。

しかし、情報収集のためにサイトを訪れる人は、複数のサイトを短時間で比較して、そのサイトで必要な情報の入手が可能かどうか、一瞬で判断することも少なくないのです。

アクセスアップとオフラインでのつながり 1

オンラインショップを運営するためには、ひとりでも多くの人にお店を訪問してもらう必要があります。

そのためには、無料でできるアクセスアップ方法があれば、願ったり叶ったりですが、タダでなにかを期待するためには、それ相当に努力することが大切です。

オンラインショップへの無料でできるアクセスアップの身近な方法は、やっぱり、友人や知人にお願いする方法です。

ふだんからの人脈を活用することで、自分のお店の売上成果につなげることもできます。

また、それが頼める人がいることは感謝に値することですが、逆に、自分が頼まれたときも快く引き受けるだけの度量が必要になってきます。

「持ちつ持たれつ」とはよくいったもので、人間社会で生きていくための最低限のルールだといえますね。

アクセスアップとオフラインでのつながり 2

オンラインショップを運営するためには、ふだんから、オフラインでのつながりを大切にすることが大きなポイントです。

接客が苦手だからオンラインショップを始めた人もいるかと思いますが、可能な限り、人づきあいをするよう、自分自身が成長することも大切です。

口が上手な人よりも、無口で要領を得ない人のほうが、却って信用されることもありますから、自分に自信をもつようにしたいですね。

また、そういう良好な関係を築いていくことが、無料でできるアクセスアップの方法を見つけるヒントにもつながっていきます。

やっぱり、無料でできるアクセスアップの方法を活用するためには、自分の性格や適性を知ったうえで、自分でできる限りの努力は必要になるといえます。

アクセスアップとオフラインでのつながり 3

オンラインショップを運営している人のなかには、いろいろな事情で働きにでられない人もいるかと思います。

自分の運営するお店で成果をあげるには、ネット広告をだす方法もありますが、無料でできるアクセスアップ方法を有効活用することも大切です。

たとえば、地域の「福祉マップ」の制作にかかわるなど、自分の貴重な体験をバネにして、大きく展開する方法もあります。

そういう地道な活動をするなかで、オンラインショップを応援する人との出会いや、お店をバックアップしてくれる人との出会いも期待できます。

そういうオフラインのつながりを通じて、自分のお店への無料でできるアクセスアップ方法が増えると、それによってお店の売上にも反映される可能性が広がるのです。

アクセスアップの方法 こんなことが関係 I

ネットショップを訪れる人は、商品購入が目的の人ばかりでないことを知っておくことがアクセスアップの方法につながってきます。

ただ漠然とネットサーフィンして訪れる人のほか、商品や、それに関連した情報収集のためにサイトを活用する人もいるのです。

情報収集のためには、短時間で多くのサイトを訪れ、比較してまわります。

そのため、サイトに留まるかどうかは、より簡潔でわかりやすいこと、わかりやすい文字で書かれていることなど、サイトの第一印象で判断します。

つまり、サイトの第一印象がアクセスアップの方法にもつながるのです。

情報収集のため急いでいるときは、商品購入にまで気がまわりませんが、将来的には商品購入の見込み客として期待できるからです。

アクセスアップの方法 こんなことが関係 II

商品購入のためにサイトを訪れた人が、そこで購入するかを決定するためには、何度かアクセスするケースが多いといえます。

最初から購入先を決めている場合はともかく、見知らぬお店で購入する前に、より条件のいいお店がないかどうか比較してまわるからです。

ネットショップが便利なのは、パソコンの前で買い物ができることです。

サイトのアクセスアップの方法を知るためには、ネットショップの特徴を知っておくことも大切です。

そして、商品購入の意思をもってサイトを再訪問した人が、スムーズに商品購入するためには、やっぱり、サイト内での流れがポイントになります。

お客様に気持ちよく買い物をしてもらえるためにも、商品購入から会計までの流れを見直すようにしましょう。

アクセスアップの方法 こんなことが関係 III

ネットショップの商品売上につなげるためには、懇切丁寧な対応をすることも大切で、それがサイトのアクセスアップにもつながります。

大手企業などは「質問コーナー」を設け、顧客からの疑問を素早く解決できるように対処しています。

そこで解決できない場合、いよいよメールでの照会が必要になるのですが、肝心のメールフォームが見つからないサイトもあります。

また、最初からメール照会できないサイトや、電話のみの受付を設定しているサイトもあります。

顧客のなかには、いろいろな事情で電話での照会が困難な人もいます。

ネットショップでの商品売上につなげるためには、いろいろなケースを想定して、顧客が気持ちよく買い物できる雰囲気づくりが大切です。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 03.10

関連記事

  1. なぜ?便利機能を使わない人々
  2. blog
  3. 友好関係
  4. アクセスアップ方法とアフィリエイトブログ
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM