平賀への直接相談

ドロップシッピングにおけるネットマーケティング

ネットショップ

ドロップシッピングにおけるネットマーケティング

ドロップシッピング方式で開業されたネットショップは、とくにマーケティングの素養が大切です。ネット上で買い物をされるわけですから、ドロップシッピングにおいてはネット上のユーザーニーズなどをつかまなくてはなりません。
そこで大切なのがネットマーケティングです。通常のマーケティングとは別に、ネットユーザーの動向を把握するのがネットマーケティングの目的です。
いろいろな業種の開業にネットマーケティングは使えるのですが、ドロップシッピングにおいてはさらに重要です。
せっかくドロップシッピングをつかってネットショップを開業するのですから、収益のあがるお店になるよう、下調べなどの土台づくりは入念に行いましょう。

ドロップシッピングで開業するにあたって

ドロップシッピングでネットショップを開業するにあたって、気をつけたいことはなんでしょうか。
まず、ドロップシッピングであっても、お客さまにとっては販売店であるということをお忘れなきよう。商品の欠陥があれば交換を求めてこられるでしょうし、注文への対応が遅ければクレームがつきます。ネット上では悪評も広まりやすいのが、ドロップシッピング運営において押さえておくべきポイントの一つであると思います。
また、ドロップシッピングのネットショップ上において、陳列する商品はなんでも良いというわけではありません。ドロップシッピングにおけるコンセプトを練りましょう。
できれば何かのジャンルに特化し、お客さまが何を求めているかを把握することが大切です。

ドロップシッピングの実際

ドロップシッピングの方式をもちいてネットショップを開業したいと考える人は、昨今しだいに増えてきています。
しかし、増えてきているだけあって、誰もがドロップシッピングで多大な収益をあげられるわけではありません。手軽にはじめられるドロップシッピングといえども、それなりの勉強や努力は必要なのです。
とくに、ネットマーケティングの素養は大切でしょう。従来の小売とは違い、ネットショップでのお客さまの動向というのは、特徴があります。その特徴を踏まえてドロップシッピングホームページの運営をしていかないと、結局は膨大なインターネットの情報量のなかに埋もれてしまうのです。
元手がかからないかわりに、労力を有するのがドロップシッピングの実際かもしれません。

ドロップシッピングや、いろいろなビジネス展開のために

ドロップシッピングの大きなメリットは、商品を手元に置かなくてもオンラインショップの運営ができることです。

また、この商法でのビジネス展開は、消費者からの商品の受注と、照会メールへの対応が基本になります。

もちろん、実在のお店がないのですから、ホームページ集客なしでは成り立たないビジネスです。

このドロップシッピングより、さらに簡単にできるネットビジネスとしてアフィリエイトがありますが、こちらは、ブログやホームページ集客がメインになります。

このように、ネットビジネスにはいろいろな種類があり、それぞれに一長一短がみられることがわかります。

これから、インターネットでのビジネス展開を考えている人は、いろいろな情報収集をして知識の引き出しを増やしておきましょう。

ドロップシッピングと、オンラインショップ運営者

ドロップシッピングの大きな特徴は、商品の注文を受けた業者と、実際に商品を発送する業者が異なるという点にあります。

そのため、ドロップシッピングに対する捉え方は、それぞれの立場によって異なりますが、ここでは、商品の注文を受ける業者サイドで考えてみたいと思います。

商品の注文を受ける業者、つまり、オンラインショップの運営者にとって必要な対策としてホームページ集客があります。

このホームページ集客のためには、ネット広告をだしたり、無料ブログやメルマガを活用したりと、いろいろな方法がありますね。

また、在庫を持たないのがこの商法の特徴ですが、商品の実物を取り寄せて自分でも使ってみるなど、消費者からの照会にスムーズに対応できることも求められます。

ビジネス展開のために、いろいろ知っておきたいこと

ドロップシッピングの基本は、消費者から注文を受けた商品の発送がストレートに行われるのではなく、その間にワンクッション入るという形です。

また、個人で運営しているオンラインショップが、そのような方式を取り入れているかどうかまでは、消費者からはわからないことも少なくありません。

それに伴い、ドロップシッピングを取り入れる場合は、商品の実物が手元にないため、消費者から照会メールが届いた場合など、対応に慌てることもでてきます。

また、商品発送を直接行わないため、ホームページ集客につなげる手書きのメッセージを同封できないなど不便に感じることもあります。

ホームページ集客などビジネスの基本は同じですが、インターネットでビジネス展開するためには、知っておきたいことがいろいろありますね。

ドロップシッピングのメリットと不安の材料

ドロップシッピングなど、商品の受注から発送に至る方法について理解することは、ホームページ集客はもちろん、オンラインショップを運営するためには不可欠な条件です。

ところが、ネットビジネスの世界は、いろいろな情報があふれていますので、迷うことも少なくありません。

そのため、オンラインショップを始めるためには、ホームページ集客方法をはじめ、それに関する広告掲載方法など、いろいろな角度からの情報収集をお勧めします。

ドロップシッピングに限っていうと、商品を持たずに運営できることがメリットである反面、それが不安の材料になることも少なくありません。

もし、商品に関してなんらかのトラブルがあったとき、オンラインショップ運営者に責任が掛かってくることも覚悟しておきたいですね。

ドロップシッピングによるホームページ集客のチャンス

ドロップシッピングは、手元に商品在庫を抱えないことが大きな特徴ですが、個人店などの業者が大手通販サイトに出店する方法も注目されています。

この方法でのドロップシッピングの特徴は、通販サイトに列記された情報のなかから、消費者がお気に入りの業者を選べることにあります。

それによって、消費者から注文を受けた業者は、商品発送時にサービス品を同梱することが可能です。

また、商品発送時に確認メールを送るときに、時間限定の商品追加サービスを掲載することもでき、そこから、ホームページ集客へもつなげることができます。

業者のなかには、確認メールもサービス品も入れないところもありますが、ホームページ集客はもちろん、せっかくのリピーターを逃がしてしまいそうで、もったいないですね。

ドロップシッピングは消費者の窓口的存在

ドロップシッピングをわかりやすくいうと、受注した商品をメーカーや卸業者から直送する方法ということです。

これは、インターネットによるホームページ集客以前からも取り入れられている方法で、街の電器屋さんなどで商品購入した場合など、思い当たる人もいるのではないでしょうか。

また、個人のお店ではアフターサービスまで対応しきれないことがあり、消費者から受けた修理依頼などは、最初からメーカーに依頼しているところもあります。

ドロップシッピングでホームページ集客を行うのは、大手通販サイトのように、消費者から商品の注文を受ける業者です。

これらの業者は、商品の受注のほか、照会メールへの対応、荷物の発送確認などを受け付けるため、消費者にとっては窓口的存在になります。

ドロップシッピングの有効活用について知っておく

ドロップシッピングについて、卸業者の視点から考えると、いろいろな商品販売の可能性があり、ホームページ集客へのチャンスを見つけることもできます。

大手通販サイトに出品しているお店は多くありますが、まったく同じ条件の商品を購入するときのポイントになるのが、商品につけられる特典ですね。

また、通販サイトでは、出品店直送から別途メールが届くことを通知していることもあり、これは卸業者にとってはホームページ集客の大きなチャンスになります。

具体的にいうと、商品発送前に、同梱商品の追加を促すような働きかけをすることで、サイトへのアクセス、商品の追加購入が期待できるのです。

ドロップシッピングの有効活用について知っておくと、将来、在庫をもって商戦展開するときの参考にできますね。

ドロップシッピングについての情報源

ドロップシッピングのメリットは、商品の在庫がなくてもオンラインショップの運営ができることですが、このしくみの応用方法については、だんだん複雑になってきています。

また、ドロップシッピングのお店を紹介しているブログもありますので、情報収集源として有効活用することをお勧めします。

このような情報ブログのなかには、アフィリエイト収入を期待して運営していることも多く、ネットビジネスの可能性を知るためのチャンスともいえますね。

ドロップシッピングについてシンプルに考えた場合、通常のネットショップと同じく、ホームページ集客が大きな鍵を握ります。

また、ホームページ集客に結びつけるためには、ふだんからの友人・知人との交流活動なども大切ですね。

消費者からみたドロップシッピングのしくみ

ドロップシッピングの名称やしくみなど、消費者はあまり意識しないといっても過言ではありません。

でも、身近な例をあげて説明すると「あっ、そういうことか」と納得することも多く、ドロップシッピングが人気なものも理解できますね。

身近な例というのは、大手通販サイトを通じて商品購入した場合、通販のお店から発送される場合と、商品出品店から直送される場合がありますね。

いずれも、サイトをクリックすること、つまり、ホームページ集客からすべてが始まりますが、消費者は、それぞれのお店の特典などを参考にお店選びをします。

そのため、少しでもお得情報を集めることがホームページ集客にもつながり、当然、商品売上にもプラスに働いてくるといえますね。

卸業者とショップ・オーナーを仲介する業者も

従来からあるドロップシッピングは、卸業者と消費者の間にオンラインショップ・オーナーが存在する形が主流でした。

そのため、オーナーのサイトへのホームページ集客にくふうをすることによって、商品注文が増え、発送を担当する卸業者の収益にもつながっていました。

いまでも、そういう基本的な部分は変わりませんが、卸業者とショップ・オーナーを仲介する業者もあり、双方にとってのクッション的な役割をもっています。

また、商品発送をするとき、大手通販サイトにもあるように、メーカー直送をオープンにする方法もあります。

その場合は、通販サイトに掲載される卸業者のサイトをクリックすること、つまり、ホームページ集客から商品注文に結びついていきます。

ドロップシッピングに向く人

オンラインショップを展開する人のなかには、商品代金回収などによる対人関係のトラブルを回避したい人もいるかと思います。

そんな場合は、仲介業者を経由することでワンクッションを置く方法があり、その典型的な方法としてドロップシッピングが人気です。

仲介業者ではいろいろなサービスを取扱っていますので、自分の販売促進に即した業者にお願いすることをお勧めします。

また、実際、商品の注文を受けるのはオンラインショップ・オーナーですが、そのホームページ集客を高めるためにも、卸業者としてのやりがいが見いだせます。

卸業者は、表舞台にでることはあまりありませんが、ショップ・オーナーのホームページ集客がよくなると、それが自分の収益にもつながってきます。

商品注文するとわかるドロップシッピング

ドロップシッピングのしくみについては、オンラインショップの運営に関心がない人には、あまり興味のないことかもしれませんね。

また、自分が注文した商品が問題なく届けばそれでOKですから、あえて、そのプロセスにまで突っ込んで考える人もいないかもしれません。

このドロップシッピングは、大手通販サイトの商品発送方法を例にすると、わかりやすいと思います。

たとえば、パソコン周辺機器を注文した場合、その通販サイトからの直送の場合と、メーカー直送の場合とがあります。

いずれも通販サイトをクリックすることから始まりますので、ホームページ集客がものをいいます。

また、注文した関連商品を掲載することによる「ホームページ集客効果」を狙っていることもよくありますね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 04.21

関連記事

  1. 独立起業
  2. ブログを開設したら最初にやること
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM