平賀への直接相談

アドワーズ広告を理解する

アドワーズ広告とは何か?

アドワーズ広告とは検索サイトで有名なGoogleが提供しているサービスの1つです。
これはPPC広告の1つで、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告があります。
検索連動型広告はアドワーズ広告では検索ネットワークと呼びます。
Google 検索結果ページ、Google のその他のサイト(Google マップ、Google ショッピングなど)、Google の広告を掲載する検索パートナー サイトに、ユーザーが特定のキーワードの設定で検索した結果ページに表示されます。

コンテンツ連動型広告はアドワーズ広告ではディスプレイ ネットワークといいます。
YouTube、Blogger、Gmail などの Google サイト、インターネット上の数千ものパートナーサイトに、コンテンツに関連した内容や、ユーザーの興味ある内容の広告が表示されます。

広告は表示されるだけでは課金されず訪問者がクリックして初めて課金が発生します。
自社サイトでネットショップのページを持っている人はアドワーズ広告は有効な広告手段となります。
検索数の少ないあまり人気のないキーワードは、広告掲載が停止になる場合もあるので、キーワード設定は慎重に決めましょう。

アドワーズ広告は、Googleの特徴に合っている商品を提供している場合には検討の価値が大きい広告です。

PPC広告とは

PPC広告とは、Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)の頭文字をとったもので、インターネット広告の課金方法の一つです。
つまり、表示されるだけでは広告料が発生せず、クリックされた時に初めて広告料が発生する仕組みのことです。
このようなクリック単価での課金方法の広告全般をPPC広告と呼びます。

アドワーズ広告もYahoo!プロモーション広告もPPC広告の一つです。

PPC広告「リマーケティング」と「類似ユーザー」を使いこなす。

PPC広告の中でもさらに上級者向けとして、「リマーケティング」と「類似ユーザー」の説明もしておきたいと思います。
ここまでくれば、PPC広告の達人です。
どちらもそれほど難しいわけではなく、多くのクライアントさんが活用しています。

見込み客を追いかけるリマーケティング

リマーケティングとは、一度広告をクリックしてサイトを訪れたけれども成約に至らなかった人に対して、再度広告を表示する機能です。
たとえば、ダイエットに関する記事を読んでいて、サプリメントの広告が気になってクリックしたとします。
そのとき、なんらかの理由でとくに何も申し込まずに離脱しました。
するとその後、別のブログ記事を見ても同じサプリメントの広告が出てきます。
さらに別のサイトでも……。

こんなふうに、広告が追いかけてくるのがリマーケティングです。
つまりリマーケティングとは、一度サイトを訪れているので興味はあるものの、そのときは時間がなかったなどの理由で購入のチャンスを逃した見込み客に対してアプローチできる方法なのです。

この機能を使うには、「リマーケティングタグ」という短いタグをサイトの中に埋め込みます。
そしてどのページを見た人をどのくらいの期間追跡するかを「リマーケティングリスト」として設定し、リマーケティング専用の広告キャンペーンを作成します。
期間は10日から30日間にしておくことが多いです。
高額な商品など、購入決定に時間がかかりそうなものはもう少し長くしてもいいかもしれません。

リマーケティングの設定の仕方

アドワーズの管理画面で「共有ライブラリ」の「ユーザーリスト」から「リマーケティングの設定」を選択する。

指定したメールアドレスに「リマーケティングタグ」が届くので、これをコピーしてサイトに貼りつける。

「興味を持ちそうな人」をサイトに呼び込む類似ユーザー

「類似ユーザー」とは、サイトを訪れたことがある人と特徴がよく似た人に対して、広告を表示する機能です。
グーグルのディスプレイ広告でもヤフーのYDNでも、サイトを訪れている人と行動特性が似ている人を割り出した「類似ユーザーリスト」が自動的に生成される仕組みになっています。

これは既存のリマーケティングリストに蓄積されたデータを元につくられます。
リマーケティングリストの精度が高いほど、類似ユーザーリストの効果も高まります。

類似ユーザー機能はリマーケティング機能をしばらく使ったのち、さらに新規客にアプローチしたい場合に使います。

成約率が高いリマーケティングリストを使って、類似ユーザーリストを生成し、広告を出してみましょう。

類似ユーザーの機能が使えるのはディスプレイ広告のみです。
この機能を使うには、類似ユーザー用の広告キャンペーン(「ディスプレイネットワークのみ」を選択)を新たに作成し、機能のところで「リマーケティング」を選択します。
すると、リマーケティングリストに「類似ユーザーリスト」が表示されますので、追加したい類似ユーザーリストを選んで設定すればOKです。

類似ユーザーの設定の仕方

新たな広告キャンペーンを作成し、「ディスプレイネットワークのみ」を選択。
右側の「機能」で「リマーケティング」を選ぶ。

類似ユーザーの登録画面。リマーケティングリストの直下に「類似ユーザー」リストが出てくるので、選択して今回の広告のリストに追加する。

アドワーズ広告とランディングページ

Googleのアドワーズ広告の検索連動型広告(検索ネットワーク)はGoogleなどの検索エンジンの検索結果に表示される広告です。
したがってほとんどのユーザーは広告に興味があるのでクリック率は高く、また、購買につながる率も高いとされています。
効果的な検索連動型広告なのですが、その一方で、ホームページ側の販促アピールも充実していなくてはなりません。
クリックされただけで去られては、アドワーズ広告料をGoogleに支払うだけになってしまいます。
検索連動型広告の効果をより高めるためのものが、ランディングページです。
ランディングページ(landing page)とは広告をクリックしたユーザーが初めて訪れるページで、日本語訳では着地したページとなります。
このランディングページは通常のホームページとは違い、ランディングページ1ページ内で商品の注文や会員登録、資料請求などの成約を即します。
よりわかりやすく商品の魅力を伝えるためのページともいえます。
成約率をあげるための技術を、LPO(Landing page optimization)、日本語でランディングページ最適化といいます。

ランディングページは訪問者の期待を裏切らない内容にする

自分のホームページなどのサイトを使って収益をあげるためには、その入り口にあたる「検索連動型広告」は大変重要な役割をもっています。

Googleの「検索結果画面」に表記される内容は、限られたスペース・限られた文字数のため、他広告との差別化を図ることが第一条件ですね。

自分のサイトへのアクセスを誘導するためには、他にはない独自性や魅力を最大限アピールすることがまず大切なことです。

そして、アクセスした先、つまり自分のサイト内容が訪れた人の期待を裏切らないことが求められます。

アクセス先は、サイトのトップページではなく、目玉商品を記載したランディングページに設定したほうが商品購入にもつながる確率が高くなります。

アドワーズ 検索連動型広告の掲載順位

アドワーズ広告は「クリック課金制」ですので、検索結果画面などに広告が表示されただけでは広告料金は発生しません。ユーザーが広告をクリックしてはじめて課金されるしくみになっています。

クリック料金は「入札制」になっており、入札価格と品質スコアで掲載順位がきまり、Googleの検索結果画面に掲載されます。

アドワーズ 検索連動型広告を収益につなげるには

アドワーズ広告を出稿するなら収益をあげるためにも有効的に活用しなくてはなりません。

そのためにも自分の広告を検索サイトの上位に掲載させることが条件になります。

アドワーズ広告の掲載順位は入札価格順になりますので、上位表示させるためには広告費の単価を上げなくてはなりません。

とくに人気のあるキーワードは競争率が高いため、広告費にどれだけかけるかが課題になります。

しかし、検索サイト上位に掲載されたから売上げもあがると思われがちですが、必ずしも即収益につながるとは限りません。

高い広告費をかけ、上位表示されクリック数は上がったけど、収益がそれにともなわない場合もありますので、地道な調査と慎重な判断が必要になります。

アドワーズ 検索連動型広告が表示されない場合の対策

アドワーズ広告で出稿しているキーワードで検索しても自分の広告が表示されない、または以前は表示されていなのに表示されなくなったということがあります。

これではせっかく広告を出稿しても意味がありませんので、設定を見直す必要があります。

表示されない理由は様々ありますが、キャンペーンの地域設定や、スケジュールなどの設定内容を見直してみましょう。

他に、入札価単価が低い、1日あたりの広告予算額が低い、品質スコアが低い、検索ボリュームが少ないなどということが考えられますので、

これらを調査し改善するなどの対策をする必要があります。

アドワーズ 検索連動型広告キーワード選定のコツ

アドワーズ広告は検索結果の1ページ目、しかも上位に表示されることが大切ですので常にそのことを意識したいです。

上位表示されるためにも重要なのは検索キーワードの設定です。

検索サイトを利用する人は、サイトのURLが分かっていても、いちいちURLを入力するのが面倒なので、検索サイトでキーワードを入力する人も多いです。

検索キーワードは、自分が消費者の立場に立って考えるとおのずとキーワードの絞り込みができます。

また、むだなクリックをさけるためにも、ビックキーワードは避けるようにしましょう。

キーワードを複数組み合わせるなどの工夫も、広告文を作成するには重要なことです。

アドワーズ広告の意義

アドワーズ広告は、ユーザーがGoogleなどで検索した際、入力したキーワードに関連する広告が検索結果に表示されます。
広告自体は短い文章なので、結果をだすためには、まずクリックしてもらいサイトを閲覧してもらわなければなりません。

クリックしてもらうために、短い広告文の中でいかに自分のサイトをアピールできるかにかかっています。

「検索→広告クリック→ホームページ閲覧→目的達成」がユーザーの行動の流れになります。

目的達成とは資料請求や商品購入などしてもらうことで、このユーザーの流れは結果をえるためには、どれも大切なのです。

アドワーズ広告の意義は、あなたのサイトへ顧客を案内するためのきっかけになることです。

そのことをもう一度再確認しましょう。

アドワーズ広告と広告市場

「リスティング広告」(アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告)は広告費用が安く、掲載開始迄までの期間が速いのが特徴です。

「リスティング広告」の成長の背景にはこのメリットが大きく関連しているといえるでしょう。

時代の最先端を行く広告ともいえるアドワード広告の魅力はまさに「安い」「早い」で、大企業はもちろん、中小企業から個人事業主の間でも大変人気があります。

個人でも気軽に導入できるのは、安い料金というのもありますが、広告代理店を通さず’直接申し込むことができるおおきなメリットがあるからです。

効果的なアドワーズ広告のススメ

アドワーズ広告の魅力は、Google(グーグル)に広告を出せることです。

Googleの検索ページでユーザーが入力したキーワードの関連広告が検索結果画面に表示されます。

中でもクリック率が高くなるという効果がある場所は、Googleの検索結果画面の、「プレミアムポジション」や「サイド広告枠のトップ」です。
できることならこの場所に広告をのせたいですね。

この場所に掲載されるアドワーズ広告は、広告料の金額だけではなく、ユーザーがよくクリックする広告だということです。

魅力的な広告文をつくることが、プレミアムポジションなどに掲載されるためには重要になるのです。
せっかくアドワーズ広告を利用するのなら、ユーザーの目を引く、お得感がある効果的な広告をだすことをすすめます。

アドワーズ広告をより有効に

アドワーズ広告は、キーワード連動型広告(コンテンツ連動型広告)ですので、ユーザーの注目度も高いものです。
売り上げにもつながりやすいのがアドワーズ広告なのですが、この一方で、クリックだけされてそのまま去ってしまうユーザーがいます。この場合、アドワーズ広告の広告料だけが加算されることになります。
アドワーズ広告によってホームページのアクセスアップしたのはいいものの、売上があまり伸びない、という場合、これはホームページのつくりに問題があるといえます。
アドワーズ広告をより有効につかうには、ネットユーザーの一般的な動向を把握しなくてはなりません。つまり、ネットマーケティングの素養ということになるのですが、ホームページづくりがネットマーケティングに基づいているか否かで、アドワーズ広告の威力はまた違ったものになってきます。

アドワーズ広告と専門用語を理解するために

オンラインショップを経営するためには、関連する専門用語の名前と意味を覚えていく必要がありますね。

しかも、IT関連の用語は、やたらと横文字が多いし、せっかく覚えたと思ったら、次の角を曲がった拍子に全部忘れてしまった……ってことも。

やっぱり、大切なことは丸暗記するのではなく、「自分のことば」として表現できることだと思います。

とはいえ、目の前に相手がいるならともかく、電話やメールなどで相手と話をするときは、専門用語はお互いをつなぐ「共通語」ですから、自分なりの努力も必要になりますが。

でも、検索連動型広告のひとつ「アドワーズ広告」のしくみにしても、何度か使ううちに特徴や効果的な活用法もわかってくると思うのです。

つまり「持続は力なり」ですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2018 01.12

関連記事

  1. ppc広告
  2. PPC広告
  3. 検索連動型広告
  4. 販売促進は実店舗にヒントが
  5. 検索連動型広告
  6. ppc広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM