平賀への直接相談

オンラインならではの特典を最大限活かすことが大切

特典

オンラインならではの特典を最大限活かすことが大切

ネットの通販を展開するためには、オンラインならではの特典を最大限活かすことが大切で、これもネットマーケティングのための条件だといえます。

忙しくて買い物に行けない、あるいは、人目につかない環境で買いたいものがある人にとって、オンラインショップは大変ありがたい存在です。

しかも、パソコンの前から商品を注文するだけで、商品を自宅まで届けてもらえることや、代金決済をカード払いで済ませるなど、いろいろなメリットがあります。

ネットの通販を運営する側の関心事は、商品の購入に至るプロセスや購入の割合ですが、これらを客観的な数値として知ることもネットマーケティングになります。

このように、オンラインショップを展開するためには、いろいろな知識を身につけて、自分のものにしていく必要がありますね。

ビジネス関連の情報は絶えず仕入れておくこと

ネット通販のいいところは、パソコンの前で買い物ができることです。

そのメリットを最大限活かしたサイトづくりをすることが、ネットマーケティングのためには必要だといえます。

取り扱う商品によっても、いろいろな条件がありますが、健康食品の場合だと「薬事法」に触れないように注意することが加わりますね。

また、ネット通販を運営するために必要な法律は、常に法改正の動きがあることも知っておく必要があります。

そのためには、消費者相談センターの情報や、新聞に掲載される悪徳商法などの情報にも関心をもつことが大切です。

消費者が安心して買い物ができるネット通販サイトづくりもネットマーケティングのためには必要ですので、ビジネス関連の情報は絶えず仕入れておきたいですね。

思い切った改革が必要になることも

ネット通販サイト運営のために、消費者の商品購入は大切な条件ですので、商品購入につながる方法をネットマーケティングの最優先課題にすることも多いですね。

もちろん、商品購入を前提とした試行錯誤を繰り返すことが大切なのはいうまでもありませんが、サイト全体を見直すことが必要なこともあります。

たとえば、ネット広告をクリックしてからランディングページに切り替わるのに時間が掛かり過ぎることや、ページが表示されないことが度々起こる場合です。

そのときの通信回線の状態によって、たまたま起こることもありますが、頻繁に起こるようだとサイト全体を軽くすることを考えましょう。

このように、ネットマーケティングの実行には、思い切った改革が必要になることも念頭に入れておきたいですね。

壊れたときに対応できるために、パソコンの買い増しも

オンラインショップなど、ネットの通販を始めるためには、仕事で使うパソコンと、インターネット環境を整えておく必要がありますね。

いまは、スマートフォンなどの端末を使えば、出先でも緊急対応が可能ですが、やはり、パソコンを使って、商品の受給や照会メールなどのやり取りができるほうが安心です。

そのパソコンですが、日常的に使っていて、特にトラブルなく動くようでしたら、ネットの通販を始める時期に買替をしなくてもいいでしょう。

もちろん、パソコンが壊れたときに対応できるために買い増しをすることも、ネットマーケティングの方法のひとつだといえます。

パソコンにはウイルスソフト導入が必要ですが、複数台に対応できるソフトを導入することで、ネットマーケティングの視点からみた経費節減にもつながります。

送料の特典を前面に出す通販サイト経営も

生活習慣病の予防やダイエットがブームになっている時代にあって、健康食品の通販サイトの経営は、取り扱う商品によって左右されることも少なくありません。

まったく同じ条件の商品を購入するときは、たとえ1円でも安いお店を探したくなるのは消費者心理の表れだといえます。

また、商品そのものが安くても、送料を加えると却って高くつく場合もあり、同業者に比べると不利になる可能性もあります。

送料の特典を前面に出す通販サイト経営も、ネットマーケティングに即した方法だといえます。

その送料には、一定金額以上購入を送料無料にする方法、商品購入点数に関係なく送料を一定にする方法などがあります。

そのため、いろいろな方法を試して客観的に判断することも、ネットマーケティングには大切だと思われます。

最初は、自分がやりやすい方法から始める

ネット通販サイトの運営のためには、商品購買に関する客観的な判断が可能なネットマーケティングは、大変重要な存在といえるでしょう。

いちばん簡単なのは、ネット広告など商品購買のために掛かった費用と、商品購入代金とを比べる方法があり、この方法だと特別な知識がなくてもできますね。

また、客観的なデータにもとづいたネットマーケティングをするためには、それに必要なデータを揃えることや、計算方法を把握することも必要になります。

ネットショップを開店して運営していくためには、実在の店舗との併用の有無も大きく関係してきます。

インターネットのみで営業するためには、ホームページ集客がすべてになるため、そのための効果的な方法についても、いろいろと模索していく必要があります。

また、インターネットのみの店舗は、自分からアピールしないとまわりの人も気づかないもので、当然、ホームページ集客にも結び付かず、収益も期待できなくなります。

たしかに、ネットショップの開店までの準備が大変ですが、それ以上に大変なのは、お店の営業を継続していくことにあります。

そのためにも、身近な友人・知人などの貴重な人脈を大切にして、商品の販売拡大にもつなげることをお勧めします。

ネットショップ開店とホームページ集客との関係

ネットショップの開店・運営とホームページ集客には、密接な関係があります。

ネットショップを開店・運営していくためには、必要経費について優先順位を把握する必要があるのです。

具体的にいうと、商品発送に関わる包装資材や書類などは、丁寧に梱包する必要があります。

たとえば、荷造りのガムテープの切れ端の処理方法ひとつでも、お店のイメージに大きく影響を及ぼし、それがホームページ集客にも関係してきます。

一方、内輪で使う文房具などの消耗品は、人にみせるものではありませんので、可能な限り節約することをお勧めします。

しかし、コピー用紙の裏面印刷によってプリンターを傷める恐れもありますので、そういう場合は思い切って割り切ることも、経費節減につながります。

ネットショップ開店と迅速な顧客対応

ネットショップ開店のために大切なこととして、迅速な顧客対応が挙げられます。

受注した商品の発送はもちろんのこと、商品内容や発送方法などの問合せがあったときは、可能な限り速く返信することが求められるのです。

この商品発送に関しては、ある一定の時間までに注文を受けた場合は「即日発送」、それ以降は「翌日発送」の形が定着しているようです。

そういった時代の流れに乗り遅れないためにも、たとえ1個の荷物であっても、迅速に発送することが大切です。

ある個人店サイトには、受注から発送までに数日を要する旨の掲載がありますが、このような対応をすると、急ぎのお客様を逃してしまいます。

ネットショップ開店のためには、いろいろな事例を顧客の立場で受け止めて、よりよい対応をすることをお勧めします。

ネットショップ開店とオープニングセール

ネットショップを開店して、ホームページ集客の成果をあげるためには、サイト構築が大きなポイントになります。

特に、お店でお勧めの商品を紹介するランディングページは、その商品の魅力や特典を最大限アピールするための演出が必要です。

もちろん、事実に反した内容を掲載することはとんでもない話ですが、送料無料サービスやプレゼント企画など、お得な情報は前面にだしてアピールすることをお勧めします。

そのひとつ、ネットショップを開店するときに行うオープニングセールは、実在の店舗でもよく行われる方法ですが、ホームページ集客の効果も期待できる方法だといえます。

オープニングセールを開催するのは、リピーターづくりが目的ですので、赤字覚悟で行うくらいの大胆さが必要かもしれませんね。

ネットショップ開店のための心構え

ネットショップ開店のためにするべきことは山ほどありますが、堅苦しい話ばかりするとモチベーションが下がってしまう恐れがあります。

ここでは、ネットショップ開店など、新しい分野にチャレンジするための心構えについてお話ししたいと思います。

新しいことを始めるときに、策ばかりが先走って尻込みしてしまうタイプと、後先考えずに動き出すタイプがあると思われます。

どちらのタイプにも一長一短がありますので、人間の思考や行動パターンだけをみて「この仕事は無理!」と決めつけることはあまりにも危険です。

また、自分の潜在能力は、自分でさえ気づいていないこともあるのです。

そのため、新しい分野にチャレンジするときは、適度な緊張感をもって、前向きに取り組む姿勢が大切だといえますね。

ネットショップ開店と顧客対応

ネットショップ開店を仕事に選ぶ理由として、つきあいが苦手なことを挙げる人もいるかと思います。

また、いろいろな事情があって外で働けないため、在宅でできる仕事としてネットショップ開店にたどり着いた人もいるかもしれませんね。

在宅でできる仕事、しかも、インターネットを使ってできる仕事は、相手の顔をみなくても済むというメリットがあります。

その反面、相手の顔をみられないことがデメリットでもあるのです。

また、商品の受注から発送にともなう商品の梱包や荷造りをするときは、常に、お客様の立場になって行う必要があります。

また、お店の経営を安定させるためにはリピーターの確保も大切で、そのためにも「ひとり」を大切にできる経営者になりたいですね。

ネットショップの運営方法 インターネット業界での仕事

ネットショップの運営に必要な大事な機器類は、複数用意したほうがなにかと安心です。

インターネットを使った仕事をするときは、パソコンが使えなくなると信用問題にも発展するため、集客どころの騒ぎではなくなります。

それを回避するためにも、複数台のパソコンをインターネットに接続できる状態にしておくことをお勧めします。

複数のパソコンに対応できるモデムやセキュリティソフトもありますので、それらを利用すると経費節約にもなります。

また、携帯電話やスマートフォンなどにも対応できるようにしておくと、集客効果も上がり、ネットショップの運営にもプラスに働きます。

このように、インターネット業界で仕事をするためには、インターネットに接続できる方法を複数用意しておくことをお勧めします。

ネットショップの運営方法 資金管理をきちんとする

ネットショップを運営するためには、資金管理をきちんとするよう心掛けましょう。

特に、生活費とは完全に別個にすることが大切で、現金も、通帳も、分けて管理するように徹底しましょう。

お金にルーズな人は信用できないともいわれますが、仕事と関係ないお小遣いの管理でもいい加減にすると、ネットショップの運営に欠かせない集客にも影響を及ぼします。

親しい人との金銭貸借は、本来あってはならないものですが、仮に、必要な場合でも、早急に清算するようにしましょう。

また、仕事なら帳簿類、プライベートなら家計簿に該当しますが、それらへの記帳と現金残高を合わしていれば、日常的なトラブルは回避できます。

このような徹底ぶりが信用にもつながり、集客効果にも結び付きます。

ネットショップの運営と家族のサポート

ネットショップを運営するためには、家族の理解と協力が必要になります。

本業で行うのか、勤めの合間に副業として行うのかは個々のケースにもよりますが、ネットショップを運営するためには、インターネット環境が必要になります。

また、パソコンをはじめ、取り扱う商品、仕事のために必要なものを置く場所を確保しておくことも大切です。

そのほか、家事や育児、介護などを同時進行で行う人もいるかと思いますが、個人的な事情よりも仕事を優先させるという心構えも求められます。

そのために、家族に寂しい想いや不自由な想いをさせることもあります。

しかし、それを乗り越えて、家族みんなが仕事をサポートする気持ちになれることが大切で、ふだんから信頼関係を築いておくことが、在宅での仕事を可能にするのです。

ネットショップの運営方法 設備投資をどうするか

ネットショップの運営には、パソコンをはじめ、仕事に必要な設備投資をどうするかが大きなポイントになります。

本業であれ、副業であれ、ネットショップの運営で収入を得るためには、集客は欠かせない大切なものです。

その大切な集客をスムーズに行うためには、仕事で使うパソコンやインターネット回線を見直すことも必要になってきます。

ただし、インターネットを楽しむために、特に問題ない場合は、そのまま継続して使ったほうがいいかもしれませんね。

しかし、動作が遅い、回線が途切れやすいなど、日常的にトラブルが多い場合は、インターネット環境を見直して、仕事に支障がないように設置する必要があります。

その判断基準に迷うときは、消費者の立場で考えてみると具体的な対策がみつかります。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 12.19

関連記事

  1. ネットショップ開店
  2. ホームページアクセスアップにはSEO
  3. ネットショップ
  4. ネットショップ開店のノウハウ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM