平賀への直接相談

販売促進方法は、日常のあらゆる場面から

オンラインショップ

販売促進方法は、日常のあらゆる場面から

メールでの連絡が主になった時代にあっても、電話での接客はビジネスの基本中の基本だといえます。

電話の呼び出し音から3コール以内に応対することは、新入社員研修のときなどで学ぶことですが、なにごとにもスピード化が求められる時代だけに大切なことです。

ただし、インターホンを立て続けに押すというせっかちな態度は、却って逆効果になりますので、配送業務に関わる人などは十分注意してほしいですね。

もちろん、玄関に貼り紙があるのに、それを無視してインターホンを押すという非常識な行為は、あってはならないことです。

このように考えると、販売促進方法は、日常のあらゆる場面から思い浮かべることができます。

また、販売促進を考えて実践するためには、絶えず、いろいろなことを考える習慣づけをしていたいですね。

実在のお店のいいところを取り入れる工夫が必要

自分が運営するお店の販売促進を考えるためには、地域の実情を把握しておくことが求められます。

限界集落ということばがありますが、そこまでいかなくても高齢化率が高い地域も増えている時代にあって、消費者個々に対応できる商品販売方法が大きな課題になっています。

食料品などの宅配サービスを取扱う業者は以前からもありましたが、注文日から配達日までの空白期間があると、利用する消費者が不便さを感じる原因にもなります。

そのような不便さ解消するために、配達日までの期間を短縮することや、配達手数料を考慮した業者も登場しましたが、これも地域の実情に即した販売促進方法だといえます。

オンラインショップを展開するときも、このような実在のお店のいいところを取り入れる工夫が必要だといえますね。

継続的なアピールが効果を生むことも

具体的な販売促進の実例をご紹介したいと思います。

パソコンを日常的に使う人にとって、プリンターインクなどの消耗品は継続的な購入が必要になります。
そんなとき、消費者は、少しでも単価が安いお店を探したほうがお得になります。

オンラインショップは「送料無料」がセールスポイントですが、そのためには一定の金額をクリアする必要があります。

そんなとき、定期的に届く近所のお店からのダイレクトメールに、季節限定品のプレゼントの記載があることに気付きました。

そのお店とオンラインショップのプリンターインク代金の差額を計算した後、プレゼント品との原価を比較して、プレゼント品をもらえるほうを選択します。

このように、販売促進のためには継続的なアピールが効果を生むこともあるのです。

接客態度ひとつが無言の販売促進になる

ある就職試験の面接時のエピソードです。

「100枚の伝票にソロバンをおいていて99枚になったとき、お客様がこられたら、どうしますか?」という質問がなされました。

そのとき、受験した高校生は「先に、計算をし終えます」と答えたといいます。

いまの時代なら、電卓やパソコンでの操作が該当しますが、自分の仕事を片付けてしまいたい気持ちよりも、お客様を優先する必要性を問われる話です。

また、お店の印象を左右するのは、第一印象、笑顔での対応が大切で、これは、官公庁の職員にも求められていることです。

オフラインで販売促進するためには、お客様と直接向き合う必要がありますから、接客態度ひとつが無言の販売促進になるのだと理解して、実践することが大切です。

法改正の流れを理解しておくことが大切

オンラインやオフライン関係なく、販売促進方法を考えるためには、法改正の流れを理解しておくことが大切です。

消費者を守る法律として「特定商取引法」がありますが、このたび「訪問購入」についての規制が追加されます。

「タンスの肥やし」になっている貴金属などを買取って転売する方法ですが、留守を預かる高齢者が被害に遭うケースもあり、今回、追加されることになりました。

これにより、自宅を訪問して購入した「商品」を転売するまでに、一定の期間を設置されることになり、お客様は、手放した品を取り戻せることができるというものです。

この法改正は、自分のお店の商法や販売促進とは直接関係ないかもしれませんが、法律の動きを身近に感じておくことで、なんらかの役に立つこともあります。

「ひとり」を大切にする対応の積み重ねが大きな信頼に

自分のお店の販売促進のきっかけは、日常の行いが大きく影響するといっても過言ではないでしょう。

たとえば、ちょっとした行為で、自分のお店の印象はもちろんのこと、人間性まで評価されることにつながるのです。

ある住宅設備店は、アパートの住民が入れ替わるときに生じた不具合について、当時は担当ではなかった分野についてまで、親身な対応をして信頼を得ています。

住宅設備のトラブルは、不動産仲介業者を通じて連絡をするのが常ですが、「緊急の場合は、いつでも連絡してください」と、無償での対応を何度も行いました。

このように「ひとり」を大切にする対応の積み重ねが大きな信頼にもつながっていき、それが、販売促進の形として実を結ぶのだと感じた事例です。

他店にはない特典をつけることが販売促進に

オンラインショップを運営するためには、ひとりでも多くの人に自分のお店の存在を知ってもらうことが大切です。

そのためには、ブログやメルマガ、ネット広告など、いろいろな方法でお店をアピールしていく必要があります。

また、友人や知人へお願いするなど、オフラインでのつながりも大切なことです。

最近、特に注目されている方法として、大手通販サイトへ出店する方法があります。

いわゆるドロップシッピングですが、通販の利用者が商品選びをするとき、表示された出店名から、よりお得な条件のお店で商品を購入することになります。

これも、販売促進方法として効率のいい方法ですし、同じ商品を扱う同業者との競争になりますので、他店にはない特典をつけることが販売促進につながります。

大手通販サイトの利用が販売促進に

自分のお店で取り扱う商品の販売促進のために大手通販サイトを利用するメリットは、いろいろありますが、ここでは、販売促進について、消費者側の視点で考えてみましょう。

ネット上にはいろいろなお店がありますが、地方都市にある個人店が全国展開するためには、お店の信用の裏付けが必要になります。

そういう意味でも、大手通販に登録していることで、消費者も安心して商品購入を検討することができます。

また、ネットサーフィンして複数のお店を比較しなくても、同じ商品を扱うお店が一斉に表示されるため、商品注文までの手間が掛からなくでも済みます。

価格面の比較はもちろん、送料の有無なども一度でわかるので、消費者にとってはほんとうに便利ですね。

販売促進のために 〜合法的な節税方法を知る〜

自営業の人はもちろんのこと、副業による年間所得が20万円を超える人は、確定申告の対象になります。

これによって、所得税や住民税などの額が決まりますので、確定申告は大変重要な意味をもちます。

また、本業をもつ人の場合、副業所得の確定申告をすることで所得額全体が増えますので、販売促進のノウハウと同様、知っておきたいことですね。

もちろん、脱税行為は許されませんが、合法的な節税方法を知っておくことは大切だといえます。

これは、自営業者、本業をもつ人、どちらにもいえることですが、自宅で仕事をする場合は、電気代や電話代などを生活費の一部から按分して必要経費にできます。

そのために必要な領収書や金融機関口座などの保管は、販売促進のノウハウと同じく大切なことです。

販売促進のヒントは一瞬のひらめき

販売促進のヒントをみつけることや、それを実践するためには、つねに身近なできごとに疑問符を持つことが大切だといえます。

あまり、疑い深い性格はどうかな……?とは思いますが、いい意味で疑問を持つことは、新たなビジネスチャンスの可能性を開くステップになります。

そのひとつ、オンラインショップなどネットビジネスのしくみについて、自分なりに考え直してみることです。

これは、難解な専門用語がイマイチでも、自分なりに理解して、整理していくと、そのルートやしくみが解明できるといえます。

そんな販売促進のヒントは、一瞬のひらめきで得られる場合もありますので、疑問に思ったことは、ふだんから納得できるまで調べるという習性を身に付けておきましょう。

販売促進のために 〜自分で経営の実態を把握する〜

個人で仕事をする場合でも、会社経営をする場合でも、なんらかの収益を得るためには、販売促進のノウハウを身に付けることは不可欠な要素だといえます。

そこで大切なことは、経営の実態を知ることです。

ひとりで仕事をしている場合は、商品販売から経理に至るまでの把握ができますが、事務処理ひとつするにも「機械的処理」にならないように十分注意しましょう。

極端にいえば「バランスシートが一致して月次処理ができればOK!」ではなく、取り扱う商品について、今後の見通しをつけるなど、的確な判断も必要になります。

また、仕事を法人化して会社組織にする場合も、あまり手を広げすぎないで、自分で把握しておける範囲に留めておくことが販売促進にもつながります。

販売促進のために 〜来年の確定申告に備えて〜

確定申告が過ぎたこの時期、あまり役立つ情報とはいえないかもしれませんが、個人事業主にとっては毎年の課題になります。

確定申告のとき、ネックになるのは必要経費の計上ですが、これは、販売促進をして収益をあげることと並行して大切なことだといえます。

また、副業による年間所得が20万円を超える人にとっても、確定申告は無縁ではなくなりますので、販売促進の方法と併せて情報収集することをお勧めします。

ちなみに、確定申告の対象になる期間は1月1日〜12月31日の1年間で、3月末決算企業に勤めている人は、区分の違いについても間違わないようにしましょう。

また、「所得=収入−必要経費」になりますので、経費を少しでも多くすることで節税できる可能性もあります。

消費者心理を理解する

オンラインショップの安定経営のためには、消費者心理を理解する必要があります。
つまり、消費者の立場になって考えてみると、思わぬヒントにつながるのです。

また、実在の店舗の販路拡大のためにオンラインショップを立ち上げている場合は、店頭販売も視野に入れた販売促進が必要です。

たとえば、オンライン注文ならではの特典を付けるとか、逆に、来店者向けのサービスを用意するなど、それぞれのお店のメリットを最大限活かした商戦展開が必要です。

そのためには、消費者心理を理解して、財布の紐をゆるめてもらえるような魅力的なサービスを考えだすようにしたいですね。

オンラインショップといっても、販売対象は生身の人間だとの認識をもつことが、すべての原点になるのです。

勢いに任せた販売促進は逆効果

オンラインショップの安定経営のためには、継続的にお店の存在をアピールすることが大切で、メルマガの発行は身近な方法としても重宝されます。

そのメルマガを有効活用するためには、発行回数や内容にも重点を置くことはもちろんですが、解約希望をする顧客には素早く対応できるシステムが大切です。

なかには、解約するためのページが見つからないとか、解約するために何段階もステップを踏む必要があったりして、手続きが煩雑なサイトもあります。

もちろん、本人以外のいたずらによる解約もありますが、解約手続きを簡素化することで、お店の信頼につながってくるのです。

販売促進のためとはいえ、勢いに任せて相手を攻めていくことが、却って逆効果になることを認識しておきたいですね。

主婦感覚と販売促進効果

オンラインショップを経営するためのヒントは、難解な専門書とにらめっこするだけでなく、なにげない日常にヒントが埋もれていることがあります。

特に、家庭の主婦感覚を意識することは大切で、それがお店の売り上げや、口コミによる販路拡大にもつながってくるのです。

しかも、サービスを意識しての過剰包装は却ってマイナスになることもあり、むしろ、簡易包装を心掛けるなど、環境に配慮した心掛けが人気になる時代です。

スーパーのマイバッグが普及したのも、それと引き換えにポイントが貯まるからとか、そういう次元のものではないのです。

オンラインショップの販売促進のためには、なにげない日常を見つめ直し、消費者が望んでいることを理解するように心掛けましょう。

顧客対応と販売促進効果

オンラインショップの安定経営のためには、ネット広告の活用や折り込みチラシを配布するなどの販売促進も必要ですが、もっと手軽な方法があります。

それは、消費者の口コミ効果を期待することです。

もちろん、最初からそういう下心があっては却ってイメージダウンですが、この口コミ効果によって安定した経営をしている街の個人店も少なくありません。

ある自動車屋さんは、車を展示するスペースを持たない小さいお店ですが、損得抜きでの顧客対応が評判になっています。

たとえば、車の買替時期になると顧客のほうから買替を申し出る人が多いのも、ふだんからの信頼関係のたまものだといえます。

このように、お店の販売促進には、ふだんからの顧客対応が大きなポイントになるのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 12.03

関連記事

  1. ブログを活用する
  2. 販売促進は実店舗にヒントが
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM