平賀への直接相談

面白いビジネスモデルを発見

面白いビジネスモデルを発見

先日、オートバイの販売店から定期点検(メンテナンス)のハガキが届いたので、さっそく点検の予約を入れようと思って電話をしました。
ちなみに、この販売店は全国の有名チェーン店ですね。

その際に、盗難保険がそろそろ満期になりますので、そちらもご検討下さいと言われました。
オートバイの盗難はとても多いらしいのですが、盗まれるような人気車種でもないので別に必要ないかなと思っていたんです。

すると、補償金額のわずか1%でいいと言うんですね。
仮に50万円だったら5千円ということです。

この販売店のスタッフはセールスが上手ですね(笑)。
それくらいの金額だったら継続しようかなと思って販売店へ向かいました。

販売店のスタッフから説明を聞いてみると、専用のキーロックを付けていて盗まれたら保険金が支払われるとのこと。
ちなみに、このチェーンのようなキーロックはその販売店が独自に開発したもので、ズッシリと重く、素人が見てもかなり丈夫にできていることがわかります。

オートバイを新規で購入した時に、盗難保険に入るのであればこのキーロックも買わなくてはなりません。
確か、新規の場合は2万円くらいだったと思います。

1年間の盗難保険料とキーロック代ですね。
50万円の補償金額だったら、5千円プラス2万円ということになります。

このビジネスモデルの面白いところはここからです

私の場合は新規で購入した時に盗難保険も入っていたんですね。
そのため、キーロックはすでに持っているのです。

しかし、継続する場合はキーロックを新品にしなければいけないと(笑)。
つまり、新たにキーロックを購入しなければならないのです。

だって1年しか使っていないんですよ。
恐ろしく丈夫にできているキーロックが、1年で劣化するわけがないと思います(笑)。

ただ、新規の場合は2万円だったキーロックの値段が継続更新の場合は1万円でした。
半額になっているのは良いと思いますが、それでもキーロックに1万円は高いだろ、、、と思いました。

しかし、このビジネスモデルって凄いと思いませんか?

年間の保険料は補償金額の1%ですから安いんですよ。
しかし、毎年新品のキーロックに買い換えなければならないので、排気量によって差はあるようですが、プラス1万円支払うわけですね。

しかも、そのキーロックは自社制作なのでコストは安く抑えているはずです。
う〜む、よく考えられているビジネスモデルだと思いました。

あなたのビジネスはストック型?フロー型?

さて、本題に入りたいと思います。

ビジネスには大きく分けて、ストック型とフロー型のモデルが存在します。
ストック型ビジネスというのは定期課金をする継続性のあるものですね。

例えば、携帯の料金というのは毎月支払う必要があります。

一方でフロー型ビジネスというのは継続性に乏しく、その都度商品やサービスを提供するものです。
先ほどのオートバイ販売店のケースでは、オートバイの本体を販売するのは、フロー型のビジネスモデルになります。

数年後に同じ店舗で買い替えをする可能性もありますが、定期課金ではありません。

オートバイ販売店のストック型ビジネス

しかし、この販売店は非常に賢いやり方を導入していて、オートバイ本体の販売以外にストック型に近いビジネスモデルが存在します。

例えば、最初にまとまった量のオイルを購入して店舗に預けるシステムがあります。
これは全国のチェーン店どこであっても、好きな時にオイル交換ができるわけですね。

預けているオイルが無くなり次第に追加することになりますから、ストック型ビジネスモデルと考えることもできるでしょう。
つまり、オートバイ本体の売買だけではなく、定期点検(メンテナンス)と盗難保険、さらにオイル販売といったビジネスモデルを構築しているわけですね。

もしかしたら、オートバイ本体の売買よりも儲かっているかもしれません。

短期間で業績を上げる2つのポイント

短期間で業績を上げる方法というのは次の2つがポイントになってきます。

1.客単価を上げること。
これは、お客様が使う1回あたりの金額を上げていくことですね。

2.リピート率を上げること。
これは、同じお客様に何度も買ってもらうことです。

提供している商品やサービスには適正価格というものがありますから、それを超えて価格を上げるのはよくありませんが、検討することは重要なことです。
また、リピート率を上げる方法は先ほどの販売店も実施していましたが、定期的にハガキを送ったり、ご案内をすることが重要ですね。

新規客も大切ですが、それ以上に既存客をフォローしていくことが大切になります。

世の中の多くはフロー型ビジネスであると思いますが、その中でいかに継続性のあるビジネスを組み込むことができるかを考える必要がありますね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2020 05.30

関連記事

  1. オンラインショップ
  2. ブログを活用する
  3. 販売促進は実店舗にヒントが
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM