平賀への直接相談

高額商品を躊躇なく売る人

高額商品を躊躇なく売る人

いきなりですが、皆さん相撲って好きですか?

八百長問題などもあって少し人気が落ちてしまいましたが、90年代の若貴ブームの時は凄いものがありました。
私は前職でパチンコ店の店長をしていましたので、相撲の千秋楽には泣かされてきたのです。

その当時勤めていたお店には、自動販売機がたくさんありました。
今のお店はどうなのかわかりませんが、だいたいその周辺に大型のテレビが置いてあったりするんです。

千秋楽の優勝が決まる一番になると、テレビの前には黒山の人だかりですよ。

500台で2000万円

パチンコの売上げというのは、1発弾いて1円という計算方法があるんですね。
玉単価というのですが、仮に玉単価が1円なら3万発弾いて1台あたり3万円の売上です。

千秋楽は日曜日なので、当然お客さんがたくさん来店されるわけです。
平均4万発弾いて、パチンコ台が500台あれば2000万円の売上げということです。

その数字が若貴ブームの千秋楽は落ちるんですよ。
だって、お客さんがテレビの前に集合してパチンコなど打ちませんから(笑)。

30代で親方?

さて、もう引退されましたが、稀勢の里(現 荒磯親方)が横綱に昇進したのが30歳で、年齢的には4番目に遅いそうです。

私たちからすると、30歳なんて若いと思いますよね。
しかし、相撲は現役の期間が短いので30歳にもなるとベテランです。

そして今や、30代で親方ですよ(笑)。

サッカーや野球もそうですが、スポーツの世界は現役期間が短いので引退後が大変だと思います。
逆に、政治の世界などは40代だと若手です(笑)。

その世界によって、随分と年齢に対する印象が違いますよね。

年齢で絞り込むマーケティング

話がそれましたが、年齢というのは今のマーケティングでキーポイントになってきます。
例えば、 Googleのディスプレイ広告には、広告を配信するユーザーの年齢層を指定できる機能が備わっています。

40代の男性中心に広告を出したい場合は、設定することができるのです。
今はスマホが主流になっていますから、極端に若い10代の人がアクセスをしてくる可能性もあります。

その年代の方はビジネスにならないので、広告を出さないようにすることも可能です。
年齢不明のアクセスを制限すれば、ある程度防ぐことも可能でしょう。

フェイスブックの広告もそうですが、できるだけ広告費を効率よく使うためには年齢で絞るのが良いですね。

高額商品が売れた事例

次に、商品やサービスの価格というのは、ビジネスにおいてもっとも大切な要素の一つとなっています。

先日も、会員さんの相談に回答をしていると、14万円の外国製楽器が売れたというご報告がありました。
そんなに高い楽器を買う人がいるんですね。

また、別の日もファッションアイテムを販売している方から、30万円以上の財布が売れたという報告がありました。
この商品はかなりレアなもので、一点モノだったために30万円でも安いかなというくらいでした。

以前にも、19万8千円の水晶ブレスレットが売れた、という事例もありました。
10万円を超えるような商品が独自サイトから売れていますから、ネットで高い商品が売れない、というのは違いますね。

ちなみに私も10年近く前にIBMのThinkPadというノートパソコンを愛用していたのですが、これが30万円以上もしました。
やっぱり、高額商品であっても買う人は買うんですね。

高額商品を扱うことに躊躇しない

さて、ここで学びになるのは、高額商品を扱うことに躊躇しないということです。
例えば、この商品は10万円以上するからネットでは売れないとか、サービスの金額を10万円以上にしないとかですね。

これはまったく気にする必要はありません。
もちろん、10万円以上の価値のないものを売るのは良くありませんが、価値のあるものなら躊躇する必要はないということです。

私が10年間コンサルティングを行ってきて、扱う商品やサービスにおいて価格は2通りに分かれてきます。

先ほど書いたように、高額商品を躊躇なく扱う人。
そして、毎回のように安い商品を扱う人。

一概にどちらが成功するということは言えません。

ホームページ作成業で300万円!?

しかし、月収100万円という基準を設けるとすれば、先に到達するのは高額商品やサービスを躊躇なく扱っている人ですね。
特に工務店とかリフォーム業、中古車などを販売していた方は、躊躇なく高額商品やサービスを扱う傾向があります。

以前驚いたのは、工務店向けのホームページ作成業で、5年間のメンテナンス費を含めて300万円という方がいらっしゃいました。
この方はもともと建設関係の方なんです。

マーケティングもお手伝いするようなので一概に高いとは言えませんが、300万円という数字だけ聞くと驚きますよね(笑)。
なので、安い商品を中心に扱ってきた方は、高額商品を考えてみてもいいかなと思います。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2020 05.25

関連記事

  1. 外注はどこまですべきか?
  2. お金を使わない成功事例ベスト3
  3. 集客の8割がフェイスブック経由
  4. 人をダメにするベッド?
  5. 3年後に二人の人生は大きく変わった
  6. 洞察力を鍛える〜失くしたパスポートの行方は?
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM