平賀への直接相談

ネットマーケティングとランディングページ

ネットマーケティング

ネットマーケティングを利用する

ネットマーケティングを活用すると、ネットショップの開業のみならず、さまざまな事業にそのデータを役立てることができます。
ネットショップでは、もちろんネットマーケティングは欠かせません。
さて、ネットショップに訪れるユーザーの特性とはなんでしょうか?
それは、「比較的、購入の意欲がハッキリしている」ということです。ネットマーケティングでは、そこを逃さないようにしなくてはなりません。
もちろん、ネットサーフをしてたまたま訪れる訪問者がいないわけではありません。しかし、それ以上にキーワード検索を経由してそのホームページを訪れる人のほうが多いのです。つまり、そのキーワードに興味を持っている人ということです。
ネットマーケティングの素養があると、訪問者の元々の購入意欲を、さらにかき立てるような戦略立てが可能です。

マーケティングとは人間学

ネットショップやブログのアクセスアップのためにネットマーケティングは欠かせませんが、初心者にとっては難しく感じるかもしれません。しかしマーケティングの勉強をしていくうちにその面白さに気付く人は多いです。マーケティングとは人間学なのです。

ネットマーケティング用語でLPOというのがあります。これはLanding Page Optimizationの略で、ランディングページ最適化という意味です。
ネット広告や検索エンジンなどからクリックして最初に着地するページをランディングページです。
その最初に着地したページを最適化するということは、ユーザーの興味を持続させ、ページの途中で離脱させない技術です。
またキーワード広告の文章も決まった文字数の中でユーザーの興味をかき立てクリックさせランディングページへ誘導させなくてはなりません。
そしてランディングページに訪れたユーザーの興味を確信に変えて成約へと導きます。
ネットマーケティングを極めるということは人を引きつけ心を動かし気分よく踊らせるDJのようだといえるでしょう。

ネットマーケティングとランディングページ最適化

ランディングページの成約率を上げるにはランディングページ最適化が重要になります。
ランディングページはPPC広告などをクリックして最初に訪れるページで、この1ページで成約させる最も重要なページです。
最適化するにはあなたのランディングページの目的は何かを明確に把握していなければなりません。
資料請求や会員登録をしてもらうのか、ネットショップなら商品購入とそれぞれ違いますので、時と場合によって最適化方法は異なります。

ユーザーのターゲットをしぼりランディングページを最適化します。そのためには地道なリサーチが必要になります。
広告文もターゲットを意識して作成して、ランディングページと常に連携していなければなりません。

ホームページ構築とネットマーケティング

一般的にホームページはシンプルで分かりやすい爽やかなデザインの方が好まれるとされています。
探している商品が見つけづらいゴチャゴチャしたホームページは敬遠されがちです。

しかし楽天のトップページはゴチャゴチャしていて、欲しい商品が見つかるのに時間がかかってしまいます。
目的の商品を探しているうちに、関係ない商品を思わず見てしまうこともよくあります。
実店舗でしたら全国に店舗があるドン・キホーテもゴチャゴチャしていて目的の商品にたどり着くまで時間がかかります。
そして欲しい商品をさがしているうちに買い物カゴの中には買う予定ではなかった商品を思わず入れてしまう経験は誰しもあるのではないでしょうか。
ユーザー層の違いもありますが、ゴチャゴチャしたページは大手だからできることともいえます。

ホームページ構築にはネットマーケティングが重要です。
あなたのホームページに訪れるユーザー層を把握してホームページ構築を考えましょう。

ネットマーケティング 消費者の購買意欲を高める工夫

賢い消費者になるための情報は、テレビ番組の特集などでもよく放映されますが、その内容を聴いていると「なるほど」と感心させられることも少なくありませんね。

たとえば、スーパーのチラシの見方によって、お得情報をゲットできることが可能になるのです。

また、お店の経営側もそれを見込んだチラシづくりをしていますが、ネットマーケティングには、そのような駆け引きも必要になります。

そのほか、お店の陳列方法には、お勧め商品が目立つように配置したり、関連商品を傍に置いたりと、消費者の購買意欲を高める工夫をしています。

ちなみに、ネット広告からランディングページにリンクできるのも、オンラインショップにみられるネットマーケティングの特徴だといえますね。

ネットマーケティングと身近な気づき

ネットマーケティングを意識していくと「つながり」に気づく

ネットマーケティングを意識してオンラインショップを運営していると、いろいろな「つながり」に気づくことがあります。

そういう気づきや疑問をもつのは、長年のベテランよりも、その道に入って間もない新人のほうが多いのかもしれません。

ネットマーケティングだけでなく、職場の仕事で疑問をもったときは、先輩が目の前にいるときは、自分なりのことばで質問することができますね。

また、既成観念でみていたことについても「あれっ?」と疑問をいだくこともあります。

コンテンツ連動型広告とブログのアフィリエイトとの関連性もそうですが、ネットビジネスのしくみや方法を学んでいくうちに、自分なりの気付きがあります。

そんなときは、それらの「つながり」について調べてみると納得ができます。

「きずき」や「疑問」は自分の言葉ではなく、専門用語で説明するようにする。

前回、ネットマーケティングだけでなく、仕事に関する気づきは、自分のことばで説明できるというお話しをしましたが、いつまでもそれでいいという意味ではありません。

やっぱり、職場での仕事でも、取引相手とメールや文書でやり取りをすることがありますし、仕事で使う専門用語をいつまでも覚えようとしないのでは向上心を疑われます。

どんなことに挑戦するにも、苦手なものを遠ざけたいというマイナスの気持ちがあると、その段階で自分自身に負けているといえます。

たしかに、ネットマーケティングの難解な専門用語を理解することは、管理者クラスの人でも頭が痛いことだと思います。

しかし、自分でオンラインショップを運営するためには、苦手なものから逃げないという姿勢が大切だといえますね。

興味あることには思わぬ力を発揮できる

ネットマーケティングといえば、特別なものだというイメージがありますが、これを行う目的は、オンラインショップの運営に役立てたいからです。

つまり、ネットマーケティングをすることで、広告の見直しやブログの活用ができ、それを販売促進に役立てることによって、自分の収入増につなげることを期待できるのです。

そのためには、難解な計算式による抽象的な解釈だけでなく、具体的で現実的なものとしての把握が必要だといえます。

また、自分が興味をもつものに対しては、思わぬ力を発揮できることがあり、ピアノ教室に通う小学生ふたりの事例からも納得できます。

これは、人気アニメのテーマソングを毎週、アレンジして競い合うたびにうまくなっていき、担当する講師も感心したというものです。

ネットマーケティングをもっと簡単に

前回、ネットマーケティングの実例として、サイト訪問者のうち商品購入に掛かった広告費用などの割合や、それをもとにした単価計算の話をしました。

しかし、それらについては、もっと簡単に行うこともできます。

たとえば、広告費用と商品購入額との差額を計算するだけでも、ネット広告などの対策を見直すことが可能です。

その場合、商品購入額>広告費用になるのが理想的ですが、そのためには、広告費用を極力抑えることがネットマーケティングとしても大切です。

無料で利用できるメルマガや、ブログを活用して商品紹介をする方法が人気なのも、広告費用を抑えるための方法として注目されているからだといえます。

また、自分のブログだけでなく、友人・知人のブログで紹介してもらう方法や、タウン誌などを活用する方法もあります。

折に触れて理解していくことをお勧め

オンラインショップなど、ネットビジネスを円滑に進めていくためには、ネットマーケティングとそれに関する専門用語を知って、正しく理解する必要があります。

このネットマーケティングの専門用語には、英単語の頭文字を取って略したものもありますので、同じ略語が使われている用語は、特に間違わないように注意しましょう。

その一例として、ASPがあります。

これには、システム関係の「アプリケーション サービス プロバイダー」と、アフィリエイト関係で使われる「アフィリエイト サービス プロバイダー」とがあるのです。

このことばの意味を考えていくと、どちらを指しているのか想像がつきますが、IT関係にあまり詳しくない人は、これから、折に触れて理解していくことをお勧めします。

ランディングページのためのネットマーケティング

ランディングページはPPC広告をクリックしたユーザーが着地するページで、ユーザーが検索エンジンで入力した検索ワードと連帯していなければ意味がありません。

ランディングページの目的は1ページで商品の購入、問い合わせや資料請求をしてもらうことで、これが上手くいくページと、上手く行かないページの違いはネットマーケティングの基礎をきちんと押さえているかどうかになります。

ネットマーケティングの情報収集と分析をし、それらを反映したランディングページを作成することが重要になります。

たとえば、インパクトがあり、縦長で情報量が多いいランディングページか、またはスクロールせずに情報が見渡せるランディングページにするかは、商品や最終的の目的にもより変わります。

そして、どちらが効果的かはネットマーケティングの分析結果による戦略のセンスにかかってます。

ランディングページ最適化のためにネットユーザーを知る

ランディングページ最適化で重要なのはターゲットを知ることです。

訪問者のネット利用レベルがハイエンドか、ローエンドかを理解してランディングページ最適化を施します。

また広告をクリックしたユーザーの求めているものと、ランディングページがマッチしていなければ十分な成果を得ることはできません。

そのためにもネットマーケティングが重要になり、情報収集対象の母数が大きいほど、平均的な傾向がつかみやすくなるわけです。

ネットユーザーを知るために集客とアクセス解析などで検証分析、そしてランディングページ最適化を施すという地道な作業でコンバージョンをアップしていくことが大切です。

ランディングページを更新するメリット

ランディングページに初めて訪れてコンバージョンにつながるユーザーもいますが、何度も訪れてコンバージョンにつながるユーザーも多いです。

何度も同じワードで検索して訪問するユーザーに対して、ランディングページ更新はとてもメリットがあります。

季節やユーザーの趣味や生活にあわせて、ランディングページを飽きさせることもなく更新していくとユーザーも親密な印象をもち、購買欲につながりやすくなります。

かといって頻繁に更新してまったく別物のページになってしまったらアピールの定着が弱くなる可能性がありますので気をつけましょう。

ユーザーはこのランディングページはどう思うかなど、お客様の目線にたつことも運営者側には必要になります。

ランディングページの本来のあり方

ランディングページは、副業でネットショップを運営している人も販売促進のために積極的にとりいれています。

それだけランディングページが乱立している状態といえる中で、他と差をつけるにはどうしたらよいでしょうか?

似たようなランディングページが沢山目につきますが、誰もが優れたランディングページを研究し自分のランディングページにも取り入れたいと思います。

しかし、ターゲットを明確に絞るためにペルソナを作り、そのペルソナの心を掴むデザインやコピーライティングを作成するのが本来のありかたといえます。

優れたランディングページをただ真似するだけでは成果をえることはできません。

もちろん良い所はとりいれて、それプラス自分のランディングページのターゲットにあわせた工夫をすることが大切になります。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2015 12.01

関連記事

  1. お金に糸目をつけない趣味の世界
  2. 洞察力を鍛える〜失くしたパスポートの行方は?
  3. 年会費のマジック
  4. 人をダメにするベッド?
  5. なぜ?便利機能を使わない人々
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM