平賀への直接相談

メルマガへの回帰?

メルマガへの回帰?

メルマガへの回帰?

先日、立て続けに会員さんからメルマガに関する質問を受けました。

ある方からは読者の増やし方ですね。
これはよくある質問の1つだと思います。

また、別の方からは配信システムの選び方についてでした。
こういった質問がお二人だけではなく、連続して来たのです。

フェイスブックやインスタグラムの質問があるのはわかるのですが、メルマガに関する質問が多くなってきたというのは面白いですね。
しかも、大手のネットニュースを見ているとメルマガ特集があったので、メルマガが再び脚光を浴びているのかなと思ったのです。

メルマガ配信、2つの方法

メルマガ配信というのは大きく分けて2つの種類があります。

1つはまぐまぐなどに代表されるポータル系の配信スタンドですね。
メルマガを読みたいというユーザーをまぐまぐが集めてくれるので、そこでメルマガを出すと読者が集まりやすいというメリットがあります。

10年以上前には、まぐまぐを行うだけで商品がガンガン売れた時期がありました。

その他にもmelma!とかメルモ、めろんぱんといった配信スタンドもあります。
もちろん、無料で配信することが可能です。

私は一時期、7つの配信スタンドからメルマガを出していたことがあります(笑)。

ただ、これらのポータル系配信スタンドはデメリットもあって、1件1件のアドレスが把握できないケースもあります。
その他、名前が差し込めないとかステップメールが使えないこともありますね。

メルマガを独自配信する

もう1つのメルマガ配信としては、独自配信スタンドを利用します。

独自配信なので独立系の配信スタンドと契約して、自分の責任のもとに配信することになります。
先ほどポータル系の配信スタンドで書いたデメリットはすべて解消されます。

読者のアドレスを把握することができますし、名前の差し込みやステップメールを使うことも可能ですね。
ただし、読者を集めるための集客についてはすべて自分で行う必要があります。

どちらがいいのかはご自身の使い方、業種によっても変わってくるのですが、両方行って同じ内容を配信しても良いのではないでしょうか。

メルマガ読者を集めるときのポイント

配信スタンドが決まったら、読者を集めてメルマガを配信する段階に入っていきます。

まずは読者を集める方法ですね。
私はここ数年、PPC広告メインとフェイスブックから集めています。

しかし、PPC広告から読者を集めるのは金額が高くなってしまいました(笑)。
1アドレスあたり、1ヶ月単位で3000円を切ることは殆どありません。

業種によっては1000円以下で取得できる場合もありますが、それでも高いですよね。
10年近く前には1アドレスあたりで200円程度でしたから、15倍以上です。

最近はフェイスブック広告経由で安く取得できるということで、中には200〜300円で獲得できるというケースも出ているようです。

ただ、私が行ってみた感じではSNS経由というのはどうしても客質が薄い気がします。
数が集まっても購買率が低いということですね。

お金を出来るだけ使わずに読者を増やすということであれば、ロングテールSEOを狙いながらピンポイントでPPC広告を出すのが良いかと思います。
ロングテールSEO経由の読者というのは極めて購買率が高いのです。

メルマガの読者獲得に限らず、ロングテールSEOがうまく機能しているサイトというのは、極めて業績が高くなっていますね。

なぜメルマガが読まれなくなったのか?

次に配信するメルマガの内容ですね。

実は、昔は適当な内容でも売れたんですよ(笑)。
中には毎回セールスのメルマガという人もいました。

しかし、今はしっかりとした内容でないと読んでくれませんし成約にも至りません。
これはフェイスブックやツイッターなどの新しいサービスが年々増えてきて、以前のようにメルマガを読む時間が無くなったからです。

要するに、気に入った人のメルマガしか読まないということですね。

私も以前は100誌くらいのメルマガに登録していましたが、今では10分の1くらいに減ってしまいました。
ただ、今でも登録しているメルマガというのは必ず読みますね。

メルマガに必要な文字数とその理由

次にメルマガの書き方としては、2000文字以上を目安に書いたほうが良いです。

私は毎回2000文字を目安に書いています。
なぜなら、メルマガに書いた内容を二次利用としてブログなどに転載します。

その際にロングテールSEOも狙いたいので、少なくとも2000文字は欲しいからです。
あとは、1つのテーマをメルマガで書こうと思うと、どうしてもこれくらい必要になってきますね。

同じテーマで、3つの文章バリエーションを

文章というのは面白いもので、1つのテーマを様々な書き方で表現することができます。
今回のメルマガのテーマを100人に書いてもらったら、100人が違う内容になると思います。

文章の構成や改行の仕方、句読点の使い方など全部違うはずです。
書きやすい方法としては、Q&A方式で書くとかお客様の声を引用するとか、私がよく使うのは会話文を入れるという方法もありますね。

自分の得意な書き方を3種類くらい持っていると、同じテーマでも3つ書けることになります。
そうなると、バリエーションが増えてきて文章を書くことが楽しくなってくるでしょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2019 09.30

関連記事

  1. ネットマーケティング
  2. 健康食品
  3. なぜ?便利機能を使わない人々
  4. お金に糸目をつけない趣味の世界
  5. 年会費のマジック
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM