平賀への直接相談

ビジネスに取り憑かれる

ビジネスに取り憑かれる

先日、中日ドラゴンズの元監督、そしてGMを務めた落合博満氏の書かれた「決断=実行」という本を読みました。

落合氏は現役時代に打撃三冠王を3回獲得し、この記録は今でも破られていません。
また、監督になってからも8年間で4回のリーグ優勝と1回の日本一に輝いています。

名選手であり名将であるわけですが、退任後の2011年に書かれた「采配」という本は42万部も売れたそうです。
監督をされて実績を上げてきた方なので、組織づくりに関する話がとても勉強になるんですよね。

私も「采配」を読んで感銘を受けたので、今回の本も買って読んでみました。
新刊の「決断=実行」という本には「野球に取り憑かれろ」という一節が書かれています。

これは落合氏が現役時代、そして監督時代に24時間野球のことだけを考えてきたからこそ、あれだけの実績が出せたということですね。
要するに、ビジネスのことだけを考えていけば、他者が気づかないことに気づいたり、より多くの学びを得ることができるということです。

例えば、これは本に書かれていませんが、落合氏は現役時代に相手投手の癖を見抜くのが抜群にうまかったそうです。
特定の変化球を投げるときに肩の位置が少し違うとかですね。

そうすると、投げるときに球種がわかるため打ちやすくなるということです。
ただ、その違いというのが同じチームの選手に教えても違いがわからないのだとか(笑)。

他の選手に教えてもわからないくらいに微妙な違いも見抜いてしまうということでしょうね。

ビジネスを成功させるための要素

さて、先日ここ数年私の会員さんの中でもっとも業績を上げた一人である熊野貴文さんと話をしました。

熊野さんは関西でトップの私立中学、私立高校を卒業。
その後、難関医大に進学して医者をやっていたという珍しい経歴の持ち主です。

ご自身がやりたかったことを追求し、その後起業をするわけですが、なかなかうまく行かない時もあったようです。
私の会員になっていただいた時には、中国から仕入れた工具をメインで販売していました。

その後、幼児教育ビジネスやサプリメントの販売を手がけるようになり、今では急成長を遂げています。
おそらく、医学部を卒業した同期の中ではもっとも収入が高いのではないでしょうか。

そんな熊野さんと話をする中で改めて感じたのは、ビジネスを成功させるためにいくつかの要素があるということです。
例えば、昔からよく言われているのは「利益率の高いビジネス」が良いということですね。

また、利益率とともに大切なのが「高額な商品やサービスを扱うこと」もポイントとなってきます。
さらに、「リピート性の高いビジネス」もビジネスを成功させるためにはとても重要な要素となります。

そして、私が長くネットビジネスに携わってきた中で、「法人向けのビジネス」がとても効率的だと感じていました。
これは以前のブログでも書いたことがあると思います。

今回は、これらの4つの要素を中心に考えてみたいと思います。

1.利益率が高い

1つ目の利益率が高いということですが、これは私たちのような中小企業にとってはもっとも大切な項目になります。
大企業だと利益率が10%以下などといった低い数値でもやっていける場合がありますが、中小企業でその利益率だと余程の集客力がないと経営が厳しいですね。

もちろん、物販とサービスでは利益率が違ってきますが、少ない客数でも成り立つくらいの利益率が欲しいところです。

2.高額な商品やサービスを扱う

2つ目の高額な商品やサービスを扱うことですが、同じ利益率の場合1000円の商品と1万円の商品では「利益額」が10倍違ってきます。
つまり、1000円の商品で1万円の商品と同じ利益額を得るためには、10個売る必要があるわけですね。

ネットビジネスというのは不思議なところがあって、1000円の商品も1万円の商品も売るための手間暇はそれほど変わりません。
正しいマーケティングをしていれば、成約率はそれほど変わらないということですね。

3.リピート性が高い

3つ目のリピート性が高いというのは、毎回違うお客様に買っていただくと集客コストが掛かってしまうということですね。
逆に同じお客様に何度も買っていただけるようになると、集客コストが掛かりません。

ビジネスには大きく分けて「フロー型」と「ストック型」が存在します。
フロー型というのは単発売りであり、ストック型というのは継続して収益が上がるということですね。

ライフタイムバリューという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、同じお客様が1年間にどれだけお金を使ってくれるのか、さらに長い期間でどれだけ使ってくれるのかを判断することが大事だということです。

4.法人向け

4つ目の法人向けが良いというのは、私が長くビジネスの現場を見てきて感じたことです。
特にネットの場合は、集客コストがエンドユーザー向けに比べて安いからですね。

例えば100個の商品を販売しようと思ったときに、エンドユーザー向けだと100人に販売しなければなりません。
しかし、法人だと1社で100個買ってくれるかもしれません。リピート性が高いということもありますよね。

また、広告費用もエンドユーザーに比べると法人向けの方が安く済みます。

ビジネスに取り憑かれろ

このブログを書きながら、皆さんご存知の菅野一勢さんが、「寝ている間も仕事のことを考えています」という言葉を思い出しました。
菅野さんにしても、熊野さんにしても、成功されている方は「ビジネスに取り憑かれている」ということですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2022 01.31

関連記事

  1. ブログを開設したら最初にやること
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM