平賀への直接相談

アクセスアップと検索連動型広告

検索連動型広告上位表示する方法

アクセスアップと検索連動型広告

アクセスアップと検索連動型広告について考えてみましょう。

検索連動型広告はYahoo!プロモーション広告ではスポンサードサーチ、Googleアドワーズでは検索ネットワークといいます。
Yahoo!プロモーション広告やアドワーズ広告などの検索連動型広告はいまやネットショップやホームページ、ブログなどのアクセスアップに欠かせない存在です。

検索連動型広告もキーワードの競合入札者との兼ね合いが激しくなりはじめました。アクセスアップのためには、キーワード選出にも工夫をしなくてはいけない時期に突入しています。
効率良いアクセスアップのために、ネットマーケティングなどを駆使して検索連動型広告の入札キーワードを上手に絞るのがコツなのではないでしょうか。
ライバルも少なく、消費者に効果的にアピールできるニッチなキーワードがみつかるのが理想的です。

アクセスアップと検索連動型広告料

アクセスアップに検索連動型広告が有効だとされています。

検索サイトで検索したキーワードに関連した広告が検索結果に表示されますので、もともとユーザーがそのキーワードに興味があることが多く、クリック率が高いとされています。
検索連動型広告の出現順序はキーワードの入札額できまります。
ちろん、アクセスアップのためには上位表示されたほうが有力であることは間違いないのですが、その一方で人気のキーワードには入札平均額が高くなっているという事情があります。

入札額はあまりかけないで、アクセスアップをするためにも、ネットマーケティングをふまえたキーワードの選別が大切です。

検索連動型広告を活用するには

Googleアドワーズ広告やYahooプロモーション広告といった「検索連動型広告」は、ネットビジネスを展開するために活用する人は少なくありません。

この広告は「クリック課金制」になっていることや、1日の広告料の上限が設定できることなどの利点があり、大企業だけでなく中小企業や個人事業主にも人気になっています。

ただし、検索連動型広告は、検索サイトの検索結果画面の上位に掲載されないと、消費者の目に留まる確率も低くなります。

しかし、検索結果画面の上位掲載を狙うなら、検索キーワードの入札価格を高く設定する必要があります。

つまり、広告料金の予算内で、いかにして有効な広告を考え出すかがポイントで、これが商品の売り上げにもつながってくるのです。

検索連動型広告「CtoC」とは?

検索連動型広告づくりにおいては、客層にどれだけアピールできるかによってアクセスアップの度合いが異なってきます。客層を的確につかみ、それに合わせた検索連動型広告づくりが大切です。
さて、検索連動型広告におけるCtoCとは一体なんでしょうか。
あまり検索連動型広告に絡んでは一般的でない用語かもしれませんが、基礎知識として覚えておいてください。
CtoCとは、コンシューマー(消費者)同士のビジネス取引を意味します。現状のネット界では、オークションにあたるものがそれです。
CtoCのサービスは、現状まだ種類が少ないので、検索連動型広告との関連は薄いのですが、いずれCtoCサービスであっても検索連動型広告を利用することがあるのではないか、と思います。

検索連動型広告の成功の秘訣

検索連動型広告はユーザーの興味などの嗜好を読み取ることが、とても大切です。

ある特定のキーワードで検索をするユーザーは、そのキーワードの対象商品に興味を強く抱いています。
この部分が理解できれば、潜在的な消費者を開拓する必要がなく、訪問者のアクセス解析などから分析が可能となります。
キーワード設定が成否を左右しますが、料金はユーザーがクリックしないと発生しないクリック型課金なので、この点も検索連動型広告の成功に繋がります。

検索連動型広告の成功の秘訣は、自社サイトで扱っている商品やサービスに合っている検索サイトに登録をして、ユーザーが訪問したくなるようなキーワードを設定する事に尽きます。

常に消費者の視点を忘れない

検索サイトを利用する人の多くは、検索サイトの効果的な利用法を知っていますが、そのほとんどが自分の体験にもとづいて見出したといえるでしょう。

たとえば、検索ボックスに入れるキーワードの数や順位などによっても、掲載される検索連動型広告が変わってくることです。

また、お目当てのサイトが見つからないと、すぐに別のキーワードで検索し直したほうが速いということも、自分の体験から見つけた検索サイトの効果的な利用法です。

こういった利用者の純粋な視点は、オンラインショップを経営するためにも見逃せない大切なことです。

そのためには、常に消費者の視点を忘れないこと、そして、そのヒントはインターネットの世界だけでなく、なにげない日常にもあることを再認識したいですね。

検索連動型広告と場面設定の意外性

検索連動型広告を有効活用するためには、文字通り、効果的な「ことば選び」がポイントになります。

これは、従来から使われてきた宣伝方法ですが、とにかく、消費者の関心を引くことが大切なのです。

その点、四季がある日本では、それに伴うイベントやセールも多くなるため、有利な点も多いといえるでしょう。

やっぱり、季節を先取りすることは必要ですし、販売促進のためには、消費者心理を理解することも大きなポイントになります。

また、なにげない日常は大切ですが、ちょっと変わった場面を想定した検索連動型広告も意外性があって面白いかもしれません。

スーパーでの買い物には慎重になる主婦が旅行先では大胆な買い物をすることもありますが、それも場面設定が関係していると思われます。

ネット広告とネットショップの売上げ

検索サイトで、知りたい情報を検索するときは検索ボックスから検索キーワードを入力するのがほとんどです。
一度訪れたサイトでURLが分かっていても、URLを入力するよりも、検索サイトから調べる方が便利です。

そして何万と検索結果ページに表示されても、クリックされるのはわずか数サイトで、広告がクリックされるのも上位表示されているサイトに限られています。

これは市民マラソンによくにていて。一番目立つ先頭にたつのは有名な招待選手がほとんどです。

これと同じで、ネット広告も上位に表示されないと誰もクリックしてもらえません。
せっかく広告を出しても、上位に表示されなければ誰もクリックしなければ売上げにもつながらないという事です。

誇大広告の実例

限られた文字数に自分の思いを凝縮する、それが検索連動型広告の難しいところですね。

同業者との差別化をはかるために、消費者が興味や関心をいだくキーワード選定をすることは、検索連動型広告で成果をあげるためには必要なことです。

しかし、あきらかな誇大広告やまぎらわしい表現は避けなければなりません。
また、実際にそういうことばには細心の注意が必要ですね。

「あなただけにお贈りします」「特別なあなたのために」などは、聞きなれたことばです。
「消防署のほうから来ました」という消火器販売業者のことばも、消費者を惑わすことばとして多くの人が知っています。
「サービス品をお届けにきました」ということばを使った新聞の購読勧誘例も聞きます。

検索連動型広告とサイト利用者の傾向性

検索連動型広告をクリックしてサイト訪問する人のなかには、商品購入目的ではなく、関連情報収集目的のためだけという人も含まれています。

オンラインショップを経営するためには、商品目的者だけを対象にするのではなく、商品の購入につながる「見込み客」の存在を重視したサイトづくりを心掛けたいですね。

仕事で情報収集のため訪れる人は、商品説明よりも、それに関連した情報の有無を基準にして、サイトに留まるかどうかを判断することが多いですね。

また、複数のサイトを比較した後、インパクトのあるサイトを再訪問するパターンも多く見かけます。

つまり、情報収集目的の人の目に留まるサイトは、商品購入目的の人にとっても魅力的なサイトだという証明になるのです。

検索連動型広告の上手な使い方

検索連動型広告は、ほとんどのサービスがPPCであるため、クリックされなければ広告料が発生しません。
しかし、商品を購入しない空クリックだけが増えれば、それだけ検索連動型広告の広告料だけがかさんでいくことになります。
それを避けるために用意するのが、検索連動型広告によって喚起された購買欲を維持するための「ランディングページ」なのですが、これを最適化(訪問客の興味をひくように)する技術を「LPO」といいます。
しかし、検索連動型広告に加えて、このLPOをほどこしても、的確に訪問客の購買欲をシューティングできなければ意味がありません。
検索連動型広告に的確なLPOをほどこすには、ネットマーケティングの知識が必要です。

改めてPPC広告を考える

ここで、改めて「PPC広告」の基本について考えてみたいと思います。

PPC広告は「クリック課金制」のため、広告をクリックされることによって広告費用が発生するしくみになり、広告費用の無駄を省くことができます。

PPC広告のひとつである検索連動型広告が掲載される場所は、GoogleやYahooなどの検索結果画面で、掲載されるのは「入札」の単価が高い順になります。

つまり、検索サイト上位に自分の広告を掲載してもらうためには、入札金額をアップすることが条件という結論に達します。

ただし、検索サイト上位の広告はクリック数が増えますが、それが、商品購入につながるという保障はないのです。

PPC広告をだすためには、広告費用の設定に対する決断も大切だということですね。

PPC方式の注意点

ホームページなどのアクセスアップに検索連動型広告を出稿するということも考えられます。
ネットマーケティング上、検索連動型広告は他のweb広告よりもクリック率が高いとされ、実際に検索連動型広告によってアクセスアップにつながったという例は少なくありません。
ネットショップなどではアクセスアップのためにたいへん有効だとされています。
しかし、検索連動型広告は現状ほとんどがPPC方式を採用しています。
つまり、クリックされなければ広告費が発生しませんが、クリックされれば広告費が発生するということです。
あまりに1クリック当たりの入札単価が高いものに登録してしまうと、売上とのバランスが崩れるケースもありますので注意しましょう。

コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告と広告内容

「コンテンツ連動型広告」は、Googleアドワーズではディスプレイネットワーク、Yahoo!プロモーション広告ではYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)といいます。

ニュースサイトやブログなどのコンテンツ内容と関連性が高い広告を表示するシステムです。

コンテンツ連動型広告は画像などのバナー広告が、テキスト形式の短い広告文ですので、いかにして読者の関心をひくかが大きなポイントになるのです。

あえて「読者」と表現したのは、ブログ記事などの訪問者は、最初からコンテンツ連動型広告の「バナー画像」や「広告文」を意識していないからです。
そのため、広告に見向きもしないで去ってしまう人も少なくありません。

そのようなブログ読者を引き寄せるためには、やはり「広告内容」が大切ですね。
コンテンツ連動型広告は、限られたスペースや文字数のなかで、いかにして自分のサイトの魅力をアピールできるかが勝負どころです。

ただし、事実とかけ離れた「誇大広告」は、自分のサイトのイメージダウンどころか信用を失いますので、絶対に行なわないでください。

ログ解析ツールとは?

もらったメルマガの内容が良かったので、実際にそのクリニックに訪問してみました。

レーシックの手術で不安な事も素直に打ち明けたら、とても親切に教えてくれて良いクリニックでした。
担当者と雑談になったら、やはりここのクリニックはPPC広告に力を入れていて、同時にログ解析もやっている、との事。

ログ解析は専用のツールを使って、どの検索サイトの、どのPPCでクリニックのサイトに訪れたかなどのリサーチができます。
実効力のないキーワードは変更した方が良いし、競合クリニックの動向も推測可能なシステムです。
PPC広告をやっている場合はログ解析を導入して精度を高めると、訪問者数がアップするようです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 11.17

関連記事

  1. アクセス解析
  2. 検索連動型広告上位表示する方法
  3. コンテンツ連動型広告
  4. 効果的なアクセスアップのために
  5. ホームページのアクセスアップ方法
  6. アドワーズ広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM