平賀への直接相談

易経から学ぶ「中する」という考え方

易経から学ぶ「中する」という考え方

ビジネスでうまくいく人は、
「独り占めしない」ことをわきまえている。

◎自分ばかりがトクをしようとすると、必ずしっぺ返しに遭う!

 私の大好きな本の一つに『超訳・易経』(竹村亜希子・著 角川SSC新書)があります。

 易経は東洋の古典でも最古の書。
単なる占いの書ではなく、著者の竹村亜希子さんによれば「これから起こるきざしを知り、対処法を考えるための書」です。

 易経について知らなくても、陰陽の考え方は聞いたことがあるのではないでしょうか。
 あらゆる物事は陰と陽に分けることができ、たとえば1日を分ければ昼が陽で夜が陰、自然を分ければ天が陽で地が陰といった具合です。

 もちろん、すべての物事は白か黒かのようにハッキリと分かれるわけではなく、同時に正反対の二面性を持っており、陽が多くなれば陰が少なくなり、陰が多くなれば陽が少なくなるというように変化をしています。

 易経が教えてくれる一つの重要な考え方は、陽が多いからいいというわけではないことです。
何もかもがうまくいき、イケイケドンドンのときは「陽の時代」ですが、陽は必ず陰に転じます。

絶対的な陽というのはありえません。
陰と陽が交わることで物事は変化し発展していくことになります。

「中する」こととは?

 こういった物事の理の中で、どう対処していくのかというと、「中する」ことです。
 易経はあの手この手で「中する」ことを教えているとも言え、一言で言うのは難しいのですが、陽よりも陰を多くしておくことで、いい変化が起きるように対処するというイメージです。
 陰の力を発揮することで、新たな陽の力を引きこむのです。

 私の言葉で簡単にして言うと、「欲張らない」「一人勝ちをしない」「独り占めをしない」ということになります。
いいことは人に譲り、自分は少し不足しているような状態をつくるのです。

 ビジネスで何かうまくいったときに、周囲の人に「やり方を教えてほしい」と言われることもあるでしょう。
 「中する」考え方を持っている人は、喜んで教えてあげます。
自分ばかりが得をしたいと欲張っていると、気づいたときには陰に転じて苦しい思いをすることを知っているからです。

 そのときは損をしたとしても、損すなわち陰を持っておくことで、新たないいことが入ってきてくれるのです。

分け与えるタイプの人は成功している

 会員さんを見ていても、欲張らずに周りの人に分け与えるタイプの人は成功しています。

 私はコンサルティングを行う中で、会員さん同士のマッチングをすることも多くあります。
たとえば、ホームページ制作をやっている会員さんと、これからホームページを作りたい会員さんがいて、お互いうまくいくだろうと思ったときにご紹介するのです。

 すると、「お客さんを紹介してくれた」ということで、「紹介料を払いましょうか?」と言われたりします。
マッチングで紹介料をとる人も多いのでしょうね。

しかし私は「私はいらないので、そのぶんサービスしてあげてください」と答えます。
紹介料まで欲張ろうとは思いません。

 こういったことが回りまわって、たとえば私が東京でセミナーを開催するというときに、無償で手伝いたいと何人も手を挙げてくれます。
 これは簡単な例ですが、中する考え方で「今の自分は欲張っていないだろうか?」と時々振り返るのはとても大切だと思います。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2023 09.15

関連記事

  1. ネットショップ
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM